Sponsored Link

「クボに賭ける」久保建英に訪れた“ラストチャンス”。ククレジャの出場停止で5試合ぶりのスタメンか

1
現地時間2月27日に開催されたラ・リーガ第25節のバレンシア戦で、久保建英は4試合連続のベンチスタートとなった。

チームは3-0の快勝で7試合ぶりの勝ち星を挙げ、連敗を「4」でストップさせたものの、勝負がほぼ決した85分から投入された久保は、最後に訪れた決定機も決め切れず、アピールできなかった。

久保やカルレス・アレニャをベンチに置き、守備と経験を重視したメンバーを起用したホセ・ボルダラス監督の策が成果をあげたことで、日本代表MFの立場はますます厳しくなっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca1ea3e895eac50ba2c050f5a0e74c176d233685

4試合連続でベンチスタートの久保。バジャドリー戦で先発のチャンスを掴めるか


2
このままシーズン終了までバックアッパーで過ごすのか。そんななか、久保にとって絶好の機会となりそうなのが、3月6日に開催される第26節のバジャドリー戦だ。ここまで全試合で先発している左サイドハーフのマルク・ククレジャが累積警告で出場停止となるのだ。

スペイン・メディア『Estadio Deportivo』は、「ククレジャの不在は、重大な損失だ」として代役を予想。「最も明確なオプションは、左SBのマティアス・オリベラが一列前に上がり、4試合連続ベンチスタートのクボに賭けることだ」と綴り、久保が右サイドハーフに入り、現在そのポジションでレギュラーとなっているアラン・ニョムが左SBに回ると見ている。

また、スペイン紙『AS』は、左サイドハーフに、久保、ダビド・ティモール、アレニャ、クチョ・エルナンデスのうち誰かが入ると予測。『MARCA』紙はクチョが最有力としている。

仮に、久保にスタメンの機会が回ってくれば、文字通りの「ラストチャンス」。ここでアピールできなければ、監督が代わらない限り、残りのシーズンをベンチで過ごすことになるだろう。
3
次節、ヘタフェ対バジャドリーは6日22時より試合開始予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 01:12
    • ID:7I2anxKN0
    • さすがに左で代わりのファーストチョイスは
      ないんじゃないかな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 01:23
    • ID:s0mQnvvF0
    • 賭けるとかじゃなく出せるレベルのやつがほぼいないだけ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 01:59
    • ID:oDw06YJm0
    • アレニャが入ってクチョが左やるかオリベラ一列上げて右クチョだよ。久保の序列はアレニャの下なんだから。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 02:18
    • ID:JKx4ewiN0
    • ククレジャとアレニャが介護してくれないと活躍できないから出たところでしょうがない
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 03:00
    • ID:fhRM03Oc0
    • >>3
      いや、それアレニャ関係ないじゃん
      アレニャはあくまでボランチ、トップ下扱いだし
      クチョは久保が来る前の非常時以外トップ扱い
      右ハーフとしての序列はニョム>久保>ポルティージョ>クチョだよ
      勿論、交代枠としての序列はアレニャ>久保だけどそれはポジションを無視した理論で意味が無い
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 21:46
    • ID:5AbS0mEo0
    • 戦術的な理由とはいえ、ニョムより序列が下になった右サイドでの出場に拘るメリットは無いと思うぞ

      本来の力を発揮できる出来ないとか、言ってる場合でもない

      展開にもよるけど、次の試合で30分くらいは使われないと本当に戦力外
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ