Sponsored Link

徳島→浦和のR・ロドリゲス監督「これは指揮したいチームだ」…心を奪われた4年前の出来事

1
就任の決め手は4年前の一戦だった。今季から浦和レッズを率いるリカルド・ロドリゲス監督が、スペイン『マルカ』のインタビューで徳島ヴォルティスを離れるに至った経緯を語っている。

R・ロドリゲス監督は2017年に徳島の指揮官に就任。2019年にクラブ最高位タイの4位でJ1参入プレーオフに進出したが、あと一歩のところで昇格を逃した。それでも就任4年目の昨季にJ2初優勝を飾り、悲願の昇格を達成。これを置き土産に、今季から浦和で新たな挑戦を始めることになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/34eabc2a164c8165353528a08a035b588b84d529

今季から浦和を率いるリカルド・ロドリゲス監督


2
徳島を離れるという決断は簡単なものではなかったようだ。同紙のインタビューを受けたR・ロドリゲス監督は「大変だったね。社長、スポーツディレクター、ファンの愛情を感じると、心が動かされるものだ」と、当時の葛藤を思い返している。

そして「徳島でとても居心地が良かったし、浦和でなかったら一歩を踏み出したかどうかは分からない」と明かし、「なぜ浦和?」と問われると、次のように説明した。

「ここに来たとき、(2017年にアジア王者となった)浦和の良い瞬間を体験した。彼らはスペクタクルなサッカーをしていて、スタジアムは満員で、純粋な情熱を持っていた。私は『これは指揮したいチームだ』と思ったよ。4年後にオファーをもらったときにそれを思い出した」

「浦和は日本を代表するクラブであり、私が浦和にもたらすことのできるアイデンティティーがあるからこそ、このチャレンジをしたいと思ったんだ」

浦和がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を果たした2017年から、いつかこのクラブを率いたいと思っていたというR・ロドリゲス監督。今季の目標について「トップ3に入り、チャンピオンズリーグに復帰することだ」と意欲を燃やし、「来季は、現在の日本最強チームであるフロンターレから王座を奪うことを目指している。昨季は手に負えなかった」と将来的なリーグタイトル奪還も見据えた。
3
次節、浦和は6日に鳥栖と対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 20:01
    • ID:d9tIN8q40
    • 日本人顔
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 21:43
    • ID:Inc.BbZG0
    • 来てくれて本当に嬉しい
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月04日 21:50
    • ID:Uu0eeWPi0
    • 短期間で激変した浦和を見てると代表でもちゃんと戦術を落とし込む事は出来るんじゃないかと思わざるをえない
    • 4
    • Posted by
    • 赤い名無し
    • 2021年03月04日 22:17
    • ID:P21h3nSh0
    • ※3
      おいやめろ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月05日 03:41
    • ID:.F3PR8FQ0
    • 浦和が一番Jで観客が動員できるビッククラブである事は間違いないだろう。選手もそこそこのレベルでは揃っている。動機としてきまぁスタンダードかな。彼の手腕を試すにはいいクラブだね。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月05日 23:11
    • ID:juyT.8ez0
    • ACLもいいけど、リーグ優勝が見たいね
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年03月06日 09:56
    • ID:hbySLOak0
    • 何がしたいのかわからないし多分選手たちもわかってないけどなんだかそれなりに勝ってた浦和はもういないのね
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ