Sponsored Link

伊東が決勝点をアシスト!後半AT弾でラピド・ウィーンを下したヘンクが白星発進

1
2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループH第1節のラピド・ウィーンvsヘンクが16日に行われ、0-1でヘンクが勝利した。ラピド・ウィーンのFW北川航也はベンチ入りも出場せず、ヘンクのFW伊東純也はフル出場した。

ウクライナのゾリャを下してグループステージ進出を決めたラピド・ウィーンと、チャンピオンズリーグ(CL)予選で敗退したヘンクが激突したグループステージ初戦。ラピド・ウィーンの北川はベンチスタート、ヘンクの伊東は3トップの右で先発出場した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/527017ec6cf5288f1bdd7ed380a670f54a870415

伊東が決勝点をアシスト


2
一進一退の立ち上がりからとなった中、ヘンクは14分にチャンスを迎える。左サイドを突破したアルテアガのクロスをボックス中央で受けたオヌアチュがワントラップから左足で狙ったが、シュートはゴール右に外れた。

その後も互いに決定機がないまま時間が経過。そんな中、ヘンクは41分に伊東の縦パスをボックス右で受けたオヌアチュが縦に切り込みシュートを狙ったが、これも枠を捉えられない。

迎えた後半、先に決定機を作ったのはホームチームだった。62分、T・フォンタスのロングフィードに反応したカラがボックス右深くまで持ち上がりシュートを放ったが、これは枠の左に逸れた。

対するヘンクは、65分に伊東が積極的なミドルシュートでゴールを脅かすも、わずかに枠の上。それでも68分、左サイドからカットインしたトレゾールの横パスをペナルティアーク内のトールストヴェットがヒールで流すと、ボックス右に抜け出した伊東の折り返しからオヌアチュがゴールネットを揺らした。

ヘンクの先制かと思われたが、VARによる検証の結果、トールストヴェットのパスに抜け出した伊東がオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。

0-0のまま試合は最終盤に突入。このままタイムアップかに思われたが、後半アディショナルにドラマが生まれる。92分、右サイド強引に突破した伊東がクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したオヌアチュが右足で流し込み、ゴールネットを揺らした。

結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。ヘンクが劇的勝利で白星スタートを切った。

次節、ゲンクはザグレブと、ラピード・ウィーンはウェストハムとそれぞれ対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月17日 10:44
    • ID:kqVnDavu0
    • キレキレで速くて上手くて、IJはアニメのキャラクターみたいだね
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月17日 11:41
    • ID:2crhkFg20
    • イチョウ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月17日 12:45
    • ID:43usXzYI0
    • 日本のウインガーとして歴代トップレベルだなIJ
      ウイングの理想形だわ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月17日 14:02
    • ID:Tq4kN4Bi0
    • 4大で見たかったけどこのクラブから離れるリスク背負うのもなぁ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ