Sponsored Link

名古屋ランゲラック、高精度FK阻止の神セーブを相手も称賛 「ナイスディフェンス」

1
名古屋グランパスの元オーストラリア代表GKランゲラックは、14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦・大邱FC戦(4-2)で好守を見せ、チームのベスト8進出に貢献した。なかでも、完璧な直接FKを防いだプレーを自らインスタグラムにアップし、SNS上で相手選手とやりとりをかわしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6202eed49cede1916590f995c6c195a0d08d0e77

FKを蹴った大邱FC戦のMFブルーノ・ラマもランゲラックのインスタグラムに書き込み



ACL大邱FC戦、攻撃の主役がACLデビュー戦でハットトリックを達成したポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクなら、守備の主役はランゲラックだった。

前半4分に先制を許した名古屋は、同12分にシュヴィルツォクのゴールで同点に追いつく。直後の前半14分だった。名古屋はペナルティーアーク後方のゴールから約25メールの距離でFKを献上。大邱FCのブラジル人MFブルーノ・ラマが左足をコンパクトに振り抜いたスピードある一撃は、ゴール右上隅へ一直線に向かったが、GKランゲラックが左手一本で弾き、あわや失点のピンチをしのいだ。

ACL公式ツイッター日本語版は「SAVE」のハッシュタグでランゲラックのセーブ動画を公開したが、ランゲラックも自身の公式インスタグラムでこのシーンを引用。これに反応したのが、シュートを防がれた側のブルーノ・ラマだった。

「俺の番じゃない? ナイスディフェンス」

“決めさせてくれよ”とばかりに書き込みをしつつ、ランゲラックの好守を称えると、ランゲラックも思わず、冷や汗笑顔の絵文字で反応していた。

ほかにもシュツットガルト時代に共闘した日本代表FW浅野拓磨(ボーフム)が拍手の絵文字を送れば、名古屋の同僚FWマテウスも「スーパー」とコメント。2018年に名古屋に所属していたブラジル人DFウィリアン・ホーシャ(プリマヴェーラ)も「とてつもない」と驚きを隠せない様子だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月17日 23:12
    • ID:17Q2Jmnm0
    • ランゲラックってあんなに細いのに力強いよな。
      背が高くて細くて小顔で童顔のイケメン…まるでモデルみたいに格好良い。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月17日 23:56
    • ID:uqpUXsFr0
    • すごいな。完璧
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月18日 04:41
    • ID:Qq5j0yTf0
    • ベスト8の相手が浦項だったのはラッキーだね
      全北と蔚山の潰し合いで全北が上がってきてくれればチャンスはある
      それもこれも強かった大邱を倒せたからだけどね
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月19日 12:46
    • ID:HpUydfnH0
    • 流石、元ドルだわ。見事なシュート、見事なセーブ。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ