Sponsored Link

森保一監督、田中碧所属のデュッセルドルフを訪問…U-21ドイツ代表アペルカンプ真大にも注目と独紙

1
日本代表の森保一監督が、田中碧が所属するブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフを訪問。ドイツ紙『ビルト』によれば、同クラブでプレーするU-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大の将来的な日本A代表入りも考えられるという。

報道によると、森保監督を始めとする日本代表の団体が16日にデュッセルドルフの練習を視察したという。森保監督はその後、クラブの強化を務めるウーヴェ・クライン役員、さらにクリスティアン・プロイサー監督と会談し、田中に限らず、アペルカンプについても話し合ったと伝えられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa77fb6c200f74455b12bb04470f9bb11cb12209

将来的に日本代表入りも?


2
『ビルト』曰く、日本側は15歳のころドイツに渡った現在20歳の日独ハーフMFのアペルカンプに注目しているとのこと。同紙は「アペルカンプは、以前からモリヤスとプロイサーの間で議題に上がっていた。両者は良好な関係を築いており、タナカについての話し合いを度々行った夏以降にも頻繁に意見交換を交わしている」と指摘した。

ドイツ人の父、日本人の母を持つ東京生まれのアペルカンプは今夏のU-21ユーロ(EURO)に向けて初めてドイツのU-21代表入り。大会を制したチームでは出場機会はなかったが、9月のインターナショナルウィークでは背番号10を与えられ2試合ともスタートしている。

また、『ビルト』はアペルカンプが以前「僕の目標は日本にルーツを持つ初のドイツ代表選手になることです。それができればスーパーですね」と話していたことを紹介。一方、U-18日本代表での出場歴を持つ同選手は生まれ故郷のA代表に関しては「様子を見ましょう。オープンにしておきます」と否定的ではないことも伝えられている。
3
なお、森保監督は18日に行われる第7節でのレーゲンスブルク戦はスタジアムで観戦する予定とのこと。田中はもちろん、アペルカンプのプレーもチェックすることになるようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月18日 00:41
    • ID:x81TDy0i0
    • もうマジ変なムーブすんなって森保
      そんなことよりはよ辞めろって…
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月18日 01:18
    • ID:W624wxCg0
    • 日本国籍選べばドイツの今の法律なら二重国籍になれるんじゃないか?
      日本も別に国籍破棄を務めなければならないだけで、罰則とかないからブラジル人とかは二重国籍だし
      森保が使えるはともかく、アペルカンプも日本代表で活躍して欲しいな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月18日 01:49
    • ID:WDfkNivM0
    • 欧州が活躍拠点なら、移動の楽なドイツ代表やろう
      日本代表で毎回長距離移動で体調維持するのも大変やしな。

      ドイツに作る日本代表の活動拠点は、日本人の多いデュセルドルフやろうな、そのついでの視察なんじゃね?

    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月18日 02:14
    • ID:exoRJPzn0
    • とりあえずアペルカンプ呼べ
      それくらいは森保でもできるだろ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年09月18日 05:31
    • ID:KM0rnidf0
    • 新しいおもちゃ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ