Sponsored Link

先制弾は伊東純也のオフサイドで認められず…ゲンク、敵地でウエスト・ハムに屈して2連敗

1
[10.21 ELグループH第3節 ウエスト・ハム3-0ゲンク]

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第3節が21日に各地で開催された。グループHではFW伊東純也の所属する3位ゲンク(ベルギー)が首位ウエスト・ハム(イングランド)と敵地で対決し、0-3で完封負け。伊東は今大会3試合連続でスタメン起用され、後半38分に途中交代した。第4節は11月4日に行われ、ゲンクは本拠地で再びウエスト・ハムと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/889b567cdb24bdeae3ef8f9d7e6c4060016391db

ゲンクは2試合連続の3失点で2連敗


2
4-3-3の右ウイングで先発出場した伊東は前半9分、味方のスルーパスから右サイドを抜け出し、グラウンダーのクロスを供給。ファーのFWポール・オヌアチュが触り、最後はFWテオ・ボンゴンダが頭でプッシュするが、伊東のオフサイドで得点は認められない。

その後、スコアレスの時間が続くと、先制したのはホームのウエスト・ハム。前半アディショナルタイム1分にDFアーロン・クレスウェルの左CKをDFクレイグ・ドーソンが頭で押し込み、前半を1-0で折り返した。

後半12分には左サイドのFKからキッカーのクレスウェルがクロスを送り、ニアのDFイサ・ディオプがヘディングシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがゴールラインを割り、2-0とする。

さらに直後の後半14分、カウンターからドリブルでPA内右に持ち運んだFWジャロッド・ボーウェンが左足でネットを揺らし、ダメ押しの3点目を奪取。そのまま3-0で逃げ切ったウエスト・ハムが開幕3連勝で首位をキープした。一方のゲンクは2試合連続の3失点で2連敗。3位から最下位に転落した。

次節は11月5日に行われ、ゲンクのホームでウエストハムと再び対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月22日 14:12
    • ID:pIwDD6wd0
    • 四大リーグに行きたいと思わんのかなこういう試合して
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月22日 14:21
    • ID:yml.5ucs0
    • 行きたいとの行けるのは違うぞ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月22日 14:32
    • ID:3ppAqZJ40
    • 伊東は要所要所での判断が悪い時が割とあるから上を目指すのは難しそう。
      もちろんいい選手ではあるけど
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月22日 15:10
    • ID:v3ss5SRe0
    • 森岡と同じでベルギーリーグの顔の選手になってしまってるから、まあそこで満足するのも分からんでもない。
      TVとかのリーグ紹介のたびに伊東と森岡の映像が流れる状態だし。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月22日 15:19
    • ID:4OQ1h1fu0
    • ヘンクはとにかく失点減らさないとどうにもならんな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月22日 16:48
    • ID:Jxmss8L80
    • ウエストハムはリーグも順調だし、強いな
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 11:05
    • ID:ecOrMiR60
    • 格が違うよ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ