Sponsored Link

冨安健洋の成長ぶりに伊記者「誰も信じていなかったがアーセナルから寵愛を受ける選手に」

1
アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋について、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』のクラウディオ・ベネフォルティ記者が語った。

冨安は今夏、2シーズンにわたって活躍したボローニャを退団。アーセナルへと移籍してプレミアリーグ行きの夢を叶えた。日本代表DFは新天地においても抜群の適応力を見せ、すでにリーグ戦5試合に先発して存在感を示している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e6aea19c46d015dd0cc7c4ac4517a01bc4a2e961

アーセナルで活躍する日本代表DF冨安健洋


2
イタリア人ジャーナリストのベネフォルティ氏は、そんな冨安についてサッカー情報サイト『TUTTOmercatoWEB』のインタビューの中で言及した。

「トミヤスがボローニャへやって来た時、誰も彼(の潜在能力)を信じていなかった。ところが2年間にわたって非常に良いパフォーマンスを見せた。そして現在はアーセナルで最も寵愛を受ける選手となった。なぜなら彼は、加入直後からまるで長年にわたってプレミアリーグでプレーしてきたかのようなプレーを見せているからだよ。同様にボローニャにおいても、加入からわずか1週間しか経っていなかったというのに、まるでセリエAで長年プレーしてきたかのようだった」

ボローニャはかねてより、「潜在能力が高く、これから育てていくことができる若手」をターゲットとして補強を行っている。しかし、ベネフォルティ記者は「トミヤスのような選手を見つけるのは簡単ではないだろう」と述べ、シント=トロイデンからボローニャ、アーセナルへとステップアップを果たした冨安のような優れた逸材の確保は難しいことを示唆した。
3
アーセナルはこの後28時よりアストン・ビラとの一戦に臨む。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 01:12
    • ID:qvLXkY4.0
    • はい。日本人では歴代で初めてのフィジカル、サッカーIQ、テクニックを備えた本物の逸材と言えます。20前後ででかい怪我をするパターンも回避できた。これでかい。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 02:22
    • ID:rq3BvNOA0
    • はおげ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 03:34
    • ID:N8PQhBAP0
    • そういう周回遅れの認識はもういいから
      ドヤで書かれても恥ずかしいからやめて
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 03:38
    • ID:3u8YxLnt0
    • J2の昇格プレーオフでフィジカルお化けのシモビッチ抑えてたのにはビビったな
      あとで足骨折してたと聞いて尚ビビったけど
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 03:42
    • ID:3u8YxLnt0
    • 今日もスタメンは流石
      左がティアニーじゃなくタヴァレスみたいだから、右の攻撃参加も求められそう
      オフェンス面でも試される試合になりそう
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 04:21
    • ID:qvLXkY4.0
    • >>3
      おれに対してそう思うのは君の自由なんだが、いちいちそんな反応しちゃう自分も恥ずかしいという自覚はもてないので?別にドヤってはないよ。本当にただただ誇らしい気持ちってだけだよ。今までにまじでいないんだからテンション上がるくらい許せや。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 08:33
    • ID:BLcbcnWS0
    • すぐ釣られる方が恥ずかしいっす
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月23日 14:26
    • ID:8udXHHIp0
    • ちゃんと金積んだボローニャも信じてなかったんだな
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ