Sponsored Link

MLSがプロレスに!? GKが相手FWをピッチへと叩き付ける「完璧な"脊髄砕き"」

1
GKが相手選手を投げ飛ばした。

ペナルティエリア内で混戦になることは多々あるだろう。GKの前に立って動きを妨げる選手も頻繁に見掛ける。だが、その選手を投げ飛ばすシーンはなかなかお目に掛かれないだろう。

24日、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)に所属するスポルティング・カンザスシティはシアトル・サウンダーズとのアウェイ戦に臨んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a8900eccc5374eca8569403f83a196bad0922b17

相手選手を投げ飛ばしたGK



1点リードで迎えた54分のシーンだ。守勢の中でクロスを守護神ティム・メリアが弾くと、こぼれ球からゴール前で混戦に。すると、FWともつれたメリアは、腕を相手の首に絡めてピッチへと叩き付けた。

プロレスを彷彿とさせる荒業を見たファンは、誰もが驚いた。「まるで"ロック・ボトム(脊髄砕き)"だ」との声が相次ぐなか、技の考案者であるドウェイン・ジョンソン氏も反応。"ザ・ロック"のリング・ネームを持つジョンソン氏は、次のようなコメントを残している。

「これは完璧な"ロック・ボトム"だ。ベルが鳴らなければ、緑色のプレーヤーは起き上がって相手の尻を蹴り返したな。(GKには)赤いカードが出される可能性もあっただろうね」

このプレーでメリアにはイエローカードが提示されたが、それ以上のお咎めはなかった。なお、アウェイチームは直後に追い付かれはしたものの、終盤に勝ち越して2-1で勝利で収めている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月26日 14:54
    • ID:FUSzgPmQ0
    • 元々キーパーチャージっぽいな
      でもとってもらえるかわからない、それで点が入ったら最悪だから、暴挙に出ちゃう
      こういう反則に関してのジャッジの曖昧さがあって、選手が審判を信頼してないのがサッカーの悪いところなんだけどな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月26日 15:26
    • ID:8jGcy2T80
    • どっちもイエローくらいがちょうどいい
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月26日 15:50
    • ID:AkA3z.vQ0
    • キーパーをゴールに押し込んどるw
      そりゃあ怒るわw
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月26日 16:03
    • ID:eEtGPchr0
    • 首のところに手をかけなきゃいいんだけどな。
      それか自分の体を拗じらずにいけば攻撃側のファウル。
      巻き込む形にすると完全に投げになるから暴力行為を取られる。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月26日 16:47
    • ID:rWley.1L0
    • 綺麗な裏投だ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月26日 20:07
    • ID:ahsQ5V020
    • ロックボトム懐かしい!
      スカパー見始めた時にアメリカのプロレスも見れたのでロック様よく見たわ
      まだWWFの頃だったな
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月26日 23:16
    • ID:iVbWEqS30
    • プロレス見ないけどロック様のトークだけは動画で見てた
      全然知らない人でもめちゃくちゃ面白かった
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ