Sponsored Link

Jリーグに来る可能性も? キャリア晩年のビジョンを語るスアレス「アメリカやアジアで楽しみたい」

1
アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(34)が、自身の将来について語った。スペイン『アス』が『ESPN』を引用して伝えている。

スアレスは昨季、バルセロナからアトレティコに移籍。加入1年目ながらラ・リーガで32試合に出場し、21ゴールを挙げて7年ぶりの優勝に貢献した。

今季はここまでリーグ戦9試合で6ゴール1アシストを記録しており、24日に行われた第10節のレアル・ソシエダ戦では2ゴールの活躍。2点ビハインドの状況から追い付くことに成功している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/45874c63d257684d4ef3d5e403e41dcb02a3a4e1

キャリア晩年のビジョンを語るスアレス


2
そんなスアレスとアトレティコとの契約は2022年6月まで。元ウルグアイ代表DFのディエゴ・ルガーノ氏との対談で、キャリア終盤の理想の新天地についてコメント。自身もプレーした経験があり、故郷でもある南米よりも、アメリカやアジアで現役を続けたいと明かした。

「僕はトップに立ち、良いイメージを残すために努力することを大事にしている。もし36歳や37歳で南米に戻ったとしても、みんなは27~30歳の頃のパフォーマンスを要求するだろう」

「もし、そのレベルに達しなかったとしても、『以前のように走れないし、ゴールも決められないね』とは言われたくないんだ」

「そういったイメージを植え付けないためにも、フィジカルコンディションに合うような別の場所でサッカーを楽しみたい。南米で味わうようなプレッシャーを感じることなくね」

「アメリカやアジアみたいに、37歳になっても楽しくプレーできる場所に行きたいね」
3
近年はアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)やカタールやUAEの中東、そしてJリーグとヨーロッパで名を馳せた選手が晩年を過ごすケースが様々あるが、どこを選ぶのか。ウルグアイ代表の先輩ストライカー、ディエゴ・フォルランはJリーグに挑戦したが果たして。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月27日 08:52
    • ID:MGIF9RnZ0
    • こういう晩年のスター選手よりもユンカーやシュヴィルツィクみたいな欧州辺境で大活躍してるけどギリギリ欧州でのステップアップは見込めないような選手を積極的に獲ってほしい
      そのほうがコスパ良いしJリーグのレベルも上がる
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月27日 09:03
    • ID:LGvrMFue0
    • キャリアも晩年で全盛期みたいな活躍でなくても、同じチームでプレーしたり、対戦する事で何かしら得るモノはある
      古橋もビジャとプレーしたことでセルティックでのブレイクがあるし、一緒のチームやリーグでプレーすることで日本の得点力不足解決の糸口が見えるかもしれない
      単純にスター選手がいるってだけでスタジアムに足を運ぶ人もいるだろうし
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月27日 10:05
    • ID:CZw7NM.y0
    • 金が欲しい
      だな
      アメリカがいいと思うよ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月27日 10:16
    • ID:zpVyiXrh0
    • カタールもアジアだし
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月27日 12:03
    • ID:ujxI5vO00
    • 三木谷、飛行機の整備終わってるか?
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年10月27日 14:02
    • ID:0Lc12Y0t0
    • アジアっつっても
      Jか中東だよね?
      一度は日本で暮らしてみたいなのか
      金なのか
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ