Sponsored Link

「中田英寿さん、すげー」内田篤人が衝撃を受けた、日本のレジェンドの“偉大な記録”とは?

1
元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、日本のレジェンドが残した“記録”に驚きの声をあげた。未公開シーンとして、DAZNの公式YouTubeで公開されている。

番組内で、現地11月29日に発表されるバロンドールの話題となり、まず進行の野村明弘アナウンサーが、リオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、ジョルジ―ニョ(チェルシー)、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)などが有力候補であると説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f15383536552f697df18267f277e1fa3246634fe

ローマなどで活躍した中田氏が残した偉大な記録に、内田氏も衝撃を受けたようだ


2
ゲスト出演した元日本代表MFの松井大輔が「メッシじゃない?」と言うと、内田氏は、「俺はレバンドフスキに獲ってほしいなー。だって、いつもメッシだもん」とコメント。松井が「変わらないんじゃない?」と返すと、「メッシすげぇ」と最多7度目の栄冠が懸かるアルゼンチン代表FWに感嘆した。

さらに、内田氏は「(バロンドールを獲得した)日本人って、澤(穂希)さん、獲りましたよね。澤さんすげー」と続けている。

野村アナウンサーが、「(男子で)バロンドールの候補にノミネートされた選手では、中田英寿さんが3回(1998年、99年、2001年)」と紹介すると、内田氏は「すげー、中田英寿さんすげー」と衝撃を受けた様子だった。2002年の稲本潤一には「えっ?」と驚き、2007年の中村俊輔には「やっぱ、俊さんすげーなー」と反応した。

そして、「(男子でも)日本人が獲れる日が来るのかなー」とこぼすと、松井が「アーセナル(冨安健洋)やリバプール(南野拓実)でプレーしている選手がいるからね。核となる選手になれれば…」と話すと、「チャンスはありますよね」と締めくくった。

98年、02年、06年と3大会連続で主軸としてワールドカップに出場した中田氏は、ペルージャ、ローマ、パルマなど主にセリエAで活躍した日本サッカー界のレジェンドだ。バロンドールのノミネートが3回という輝かしい実績に、内田氏も改めて驚かされたようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年11月27日 19:53
    • ID:EcTGO6kc0
    • 当時はアジア枠あったからな。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年11月30日 14:33
    • ID:dZHm8ePI0
    • 中田は偉大。
      先駆者だから何のロールモデルもない中、成功したわけだし。
      当事の豪華絢爛なセリエAのスクデッド獲得するチームで重要な戦力となれたのは凄い。
      あのゴールがなかったらユベントスにタイトル持ってかれてるよ。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ