Sponsored Link

適応に苦しんだアバディーンDF、古橋亨梧との対戦で自信「ベストプレーヤーの1人を黙らせることができた」

1
アバディーンのデイヴィッド・ベイツは、セルティック戦での古橋亨梧との対戦を振り返った。

28日のセルティックが2-1で勝利したアバディーン戦、古橋は先発出場して後半にビッグチャンスを迎えるも、ゴールに絡めないまま試合終了間際に途中交代してピッチを去った。チームも20本のシュートを放つなど終始攻勢に出ていたが、ジョタのゴールとラッキーな形での決勝点のみの2点に終わるなどホームで辛うじて勝ち点3を手にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb89b1d9b4cf9ce830ea0d5847ea9a866c73fc4c

彼のシャープな動きに対処することは簡単じゃない


2
この試合でセルティック攻撃陣の前に立ちはだかったアバディーンのセンターバック、ベイツは現在スコットランドで最も注目を集める選手の1人である日本代表FWとの対戦をイギリス『ザ・ヘラルド』で振り返った。

「フルハシはキレがあり、良い選手だ。彼は間違いなく今シーズンのセルティックのベストプレーヤーの1人。彼の動きはとても良く、彼のシャープな動きに対処することは簡単じゃない。でも、僕たちは彼に対してとても上手く対処でき、彼をかなり静かにさせることができたと思った」

「反対のサイドにはジョタもいたり、セルティックには良いスカッドがある。彼らは少しばかりの魔法を作り出せることのできるチームだけど、僕たちは彼らをかなり黙らせることができた。何も持って帰れなかったことには不満が残ったけどね」

また、2018-19シーズンには酒井高徳や伊藤達哉とハンブルガーでプレーしたベイツは、今夏よりアバディーンに加入。チームとともにプレーシーズンを過ごせず、適応に時間がかかったものの、このセルティック戦によって自信が持てたようで「今ようやく試合に臨めるというような感じになった」と3年ぶりに復帰したスコットランドでさらなる活躍を誓った。
3
次節、セルティックはハーツと、アバディーンはリヴィングストンと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月02日 06:23
    • ID:c.05alx.0
    • 選手のコンディションのバロメーターとなってる古橋
      すでにリーグでの格となっているなぁ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月02日 07:00
    • ID:z5T20yET0
    • しばらくゴールしてないからそろそろ見たいね
      それにしてもレンジャーズが全く崩れないな、監督引き抜かれても連勝
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ