Sponsored Link

堂安律、PSV残留の背景は?複数クラブからの興味が伝えられたドイツに「いい思い出があるが…」

1
昨シーズンはレンタルでドイツに送り出されていた日本代表MF堂安律は今夏にPSVに復帰。クラブ専門メディア『PSVReport』で、残留を決意した理由を語った。

堂安は2019年夏にフローニンゲンからステップアップ果たすもPSVでの2年目を迎えると当時ブンデスリーガ1部に昇格のアルミニア・ビーレフェルトへ期限付きで移籍。ドイツでは攻撃の軸として輝きを放ち、夏にはブンデスリーガ複数クラブからの関心が盛んに伝えられるも2020年夏に就任したロジャー・シュミット監督の下でPSVでプレーすることが決定した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/47147e2d2a423fa436a16628c574a91cd56bbdb5

「ここでプレーすることができて嬉しい」


2
そんな堂安だが、今夏の状況について言及。本人自ら残留を決心したようだ。「ドイツにはいい思い出があります」とビーレフェルトで過ごした1シーズンを振り返りつつ、このように続けた。

「東京五輪から戻った後、監督と良い話ができました。自分にとって大事な瞬間だったので、率直に話しました。その中で、彼は信頼していると伝えてくれました」

「ここでプレーすることができて嬉しいです。ここ数週間良いプレーをしたと思いますが、これからも良いプレーを続けることが大事です。ほかのプレーヤーではなく自分に集中しなければいけません」
3
堂安は移籍市場が閉幕してからは先月の負傷離脱期間を除いて、公式戦11試合すべてに出場。主に2列目の右サイドでプレーし、数字は2ゴール1アシストにとどまるもその活発なプレーで現地での評価を高めている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ