Sponsored Link

首位キープもトゥヘル監督は不満露わに「非常に雑であり、この試合に勝てたのは幸運だった」

1
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、チームのパフォーマンスに対する不満を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

チェルシーは1日に行われたプレミアリーグ第14節でワトフォードと対戦した。

前節のマンチェスター・ユナイテッド戦をドローで終え白星を逃したチームは、この日もMFメイソン・マウントのゴールで先制しながら相手の圧力を受け、前半のうちに追いつかれる苦しい展開に。それでも72分、MFハキム・ツィエクのゴールで再度リードすると、その後は相手の反撃をしのぎ切り2-1で勝利した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdbb3b24b37e3fcf093daeb114e89134e2d32331

勝利を手にできたのは幸運だった


2
これにより、首位キープに成功したチェルシーだが、試合後トゥヘル監督はパフォーマンスへの不満を露わに。勝利を手にできたのは幸運だったと語り、急ぎ改善する必要があると語った。

「我々は非常に雑だった。いつもとは違うパフォーマンスだったと思う。試合への準備ができていなかった。私もそれに関わっており、チームに準備をさせ、起こることに備える必要がある。初めて、チームとしてのパフォーマンスが完全に不足していた。ファーストボールにもプレッシャーにも、セカンドボールにもうまく対応できなかった」

「勝つか負けるかは一つの課題ではあるが、我々は課題を見つけることすらできなかった。ハーフタイムにはそのことについて話す機会があった。ビルドアップで苦戦していたのは明らかであり、簡単なメッセージを伝えようとした。基本的なことをもっとしっかりやり、メンタリティを変える必要があったのだ」

「我々は努力したとは思う。私は選手に対して批判的ではなく、分析的だった。そして私は自分自身に対しては批判的だ。この試合に勝てたのは幸運だったと認めないといけない。土曜日にも試合があるから、この試合に長くフォーカスするつもりはない」

「簡単ではなかった理由はいくつかある。ワトフォードは熱意を持ってプレーしており、我々は基本的なことに苦労した。それでも我々は共にあり、今日は幸運な勝利を手にすることができた」

次節、チェルシーはウエストハムと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月02日 14:42
    • ID:LPa9OyjT0
    • もうちょっと腰を落として前のめりで腕広げないとすしざんまいには程遠い
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月02日 15:11
    • ID:LYDkC58X0
    • 『勝って愚痴る』のは何時ものトゥヘル
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月02日 19:50
    • ID:WqR8Jm4W0
    • そしてこれで経営陣と仲悪くなったらいつものパターンだけど今回どうなるかね
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月02日 20:03
    • ID:tFEsPhd50
    • 自分の戦術や人選に疑問を持つだけでも素晴らしい監督だ
      自己弁護を繰り返すどっかの代表監督や協会には無縁の話だけど
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ