Sponsored Link

「先発コンビとは比較にならない」途中出場の吉田麻也に伊メディアが賛辞!「ソリッドさが全く違う」

1
前半に3失点しての完敗は、サンプドリアのロベルト・ダベルサ監督を崖っぷちに追いやった。

12月5日、サンプドリアはセリエA第16節でラツィオにホームで1-3と敗れた。開始7分に先制されると、10分後にも追加点を献上。37分にもチーロ・インモービレにドッピエッタ(1試合2得点)を許し、終了間際に1点を返すのみにとどまった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32b072881b763e8cd71fcc5daf3db906f81a478f

完敗のサンプは監督解任危機


2
吉田麻也は57分から出場。10分後にラツィオが退場者を出し、3点差という状況でもあったが、投入後に無失点だったこともあり、及第点評価が多い。『Sky Sport』や『Sport Mediaset』、『Gazzetta dello Sport』紙や『Corriere dello Sport』紙など、主要メディアは各々6点をつけている。

ウェブ系メディアも同様に6点評価。『TUTTOmercatoWEB』は「自分の役割をこなした」と評価。サンプドリア専門サイト『SAMPNEWS24』は「厳しい結果となってからの出場。ミスはなかったが、それはサンプドリアがよりアグレッシブになり、主に相手陣内でプレーしたこともあった」と伝えている。

アレックス・フェラーリとユリアン・シャボーの先発CBコンビが「悪夢」などと酷評されたのと比較するかたちで吉田を称賛する評価もあった。

『calciomercato.com』は「日本人が中央を立て直した。フェラーリとは違う。インモービレがいなくなっていたのは確かだが、彼の投入でサンプドリアはより落ち着いた」と報道。『EUROSPORT』も「彼が入ってサンプはソリッドさがまったく違った。フェラーリやシャボーとは比較にならず」と伝えた。

ミランやインテルといった強豪とも対戦した開幕からの4試合こそ、クリーンシート2試合を含む3失点で守備を評価する声もあったサンプ。だが、以降の12試合でクリーンシートは1回しかなく、29失点を喫している。

Sky Sportによると、ダベルサ監督は試合後に「失点場面を見るとテレビ画面を壊したくなる」と怒り心頭。指揮官は次節のジェノアとのダービーマッチにクビがかかると言われている。Sky Sportは、すでに元インテルのデヤン・スタンコビッチとの接触があると報じた。

ジェノアのアンドリー・シェフチェンコ監督も、就任から4試合で厳しい状況にある。両チームとも緊張に包まれているジェノバのダービーは、10日に行われる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月06日 22:03
    • ID:WY4.VXDc0
    • どっちもユニかっこいいな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月06日 22:33
    • ID:SdgUoamf0
    • 代表で疲れてるんだよ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月06日 23:07
    • ID:8D54.9Xw0
    • 吉田を褒める余地のない今季の成績
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月06日 23:11
    • ID:sTVKldZV0
    • デキが吉田の監督になるかもしれないのか!
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2021年12月07日 12:03
    • ID:YcachOOb0
    • CBは経験がものいう場面も多いからね。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ