Sponsored Link

中島翔哉がブロック3枚の隙間を通す“技あり”グラウンダー弾! ポルティモネンセは国内杯8強敗退

1
ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉が、13日のタッサ・デ・ポルトガル(国内杯)準々決勝・マフラ戦でゴールを挙げた。先発の中島は後半30分に途中交代。チームは2-4で敗れている。

昨年2月に脛骨骨折の重傷を負った中島は、10月の復帰以降は着実に復調。公式戦9試合で1ゴール4アシストを記録していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64dd9ec55765bad29c70be19a87b57ce8ace8032

中島翔哉が鮮やかゴール



今季公式戦2ゴール目がほしい中島は、13日の国内杯で先発出場。2シャドーの一角でプレーすると、0-2で迎えた前半31分にゴールを挙げた。右サイドのFKでPA手前にパスが出されると、そこに待ち構えるのは中島。鋭く右足シュートを放ち、相手ブロックの狭い隙間を通しながら、ゴールに突き刺した。

1-2と点差を縮めたものの、ポルティモネンセはその5分後に再び失点。前半を1-3で折り返す。後半26分にはこの試合2度目のPKで4失点目。中島は1-4となった同30分に途中交代した。

ポルティモネンセは試合終了間際に1点を返すが、そのまま終戦。2-4で準々決勝敗退となった。

次戦、ポルティモネンセはギマランイスと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月14日 13:13
    • ID:moJq7bZJ0
    • 中島が復活すると代表もかなり厚みが出てくるんだけどな
      やっぱり上手いよ中島は
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月14日 13:24
    • ID:xF82xJSN0
    • ボール持ったときに、プレー直前で判断をかえられるのが強い。
      無軌道な選手だけど、戦術が選手任せの森保からしてみればありがたいだろうな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月14日 13:51
    • ID:DGX8J0G40
    • 正直この人は代表とかビッグクラブみたいなところには関わらずに王様でいられる中小クラブでマイペースでエンジョイサッカーやってるのが一番合ってると思う
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ