Sponsored Link

「取り組む姿勢が素晴らしい」新加入の日本人3選手をセルティックDFが称賛! ポステコグルー監督も手応え「本当にうまくフィットしている」

1
シーズン再開を前に、セルティックは盛り上がっているようだ。

アンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックはこの冬、日本から新たに前田大然、旗手玲央、井手口陽介の3選手を獲得した。専門サイト『67 HAIL HAIL』は1月13日、「日本の3選手はすでに練習で大きな印象を残している」と題し、新戦力への期待を伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de7e1bd3e4fcb208e3227b1e2da639ab8a380946

「日本の3選手は練習で大きな印象を残している」


2
同メディアによると、ポステコグルーは会見で「プランどおり、幸いにも一緒に、早い段階で新戦力を獲得できた。年明けから来たので、最初の練習からだったのは良かった」と、3選手の補強を喜んだ。

「新しい選手の加入はいつだって良いものだ」

さらに、指揮官は「彼らはそれぞれ異なる選手で、違うものをもたらしてくれる」と、日本から呼び寄せた新顔たちへの満足を表している。

「全員がここに来てとても興奮していると思うよ。ここまで彼らは本当にうまくフィットしている」

また、スコットランドDFグレッグ・テイラーも新たな同僚たちについて、「彼らは本当にうまくフィットしている。みんな仕事への姿勢が素晴らしい」と賛辞を寄せた。

「それは今季加入した選手みんなに言えることかもしれない。それが役立った。でも、仕事への意欲やああいうクオリティは、あればあるほど僕たちの向上につながるんだ」

両者のコメントを受け、67 HAIL HAILは「選手が初練習で苦しんだと監督が言うことはない。選手自身も言わないのは当然」としつつ、期待感をうかがわせている。

「だが今回の補強でいかに強化したかについて、本当に興奮がある様子だ。適切なアップグレードができたという感覚がある」

もちろん、期待は重圧にもつながる。だが、3人のサムライたちも、そのプレッシャーは覚悟のうえでの移籍だ。
3
セルティックは17日の再開初戦でハイバーニアンと対戦。古橋亨梧が欠場する可能性も報じられているなか、新戦力の日本人選手たちにも大きな注目が集まる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月15日 00:12
    • ID:2iREr8kd0
    • スコットランドで大暴れだ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月15日 03:33
    • ID:IN2wg3VP0
    • オーストラリア人も少しは取れよ!ってオーストラリアで思われてないのかな・・
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月15日 04:33
    • ID:.Q0SEKaT0
    • 旗手はまず活躍できるだろう。上手くハマれば前田も。井手口もなんとか頑張れ!
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月15日 04:37
    • ID:Lg7wFw2f0
    • 井手口もなんとか頑張れ!?そういう状況なのか!!
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月15日 07:52
    • ID:Bm6yplg20
    • >>2
      ポスが評価してるのは日本人じゃなくてJリーグなんでしょ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月15日 08:21
    • ID:nhY6kxrW0
    • 井手口は求められるプレーはJリーグと変わらないからあとはフィジカルが問題ないかだけ。
      ただ旗手は色々なことを求められるから適応しんどいと思うけどな。川崎とやってるサッカーが違う中でマルチタスクを要求されるわけだし。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月15日 11:32
    • ID:u61g1VWk0
    • ノッティンガムのオーストラリア人を取る噂はある
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月16日 00:22
    • ID:GmaWcEyk0
    • 移籍金に関して日本が低いってのは、日本人のマネージメントに関する土壌が世界と乖離しすぎてるんだよ。ジュビロにいたロドリゲスって覚えてるか?たった半年でディナモキエフから引き抜きにあったけど、ちゃんと違約金が設定されてるんだよ。2000万でつれてきたのに2億だ。本人もジュビロも出すつもりなかったけど、違約金を設定したのは代理人の選択肢のひとつで予想外だったんだろうけどね。日本人だって違約金つけりゃいいじゃん。でも、なぜしないか。若い選手を引き込む際にそういう契約や高待遇にすると海外への移籍がしづらいから、移籍しやすいようにして交渉の武器の1つになっちゃってるんだよ。つまりは選手側の利害とクラブ側の低コストにしたいって利害が一致してる結果で糞な土壌が形成されている。
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月16日 00:23
    • ID:GmaWcEyk0
    • 書き込む場所を間違えたわ。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ