Sponsored Link

「胸に秘めていた」3年ぶり日本代表復帰の神戸FW武藤嘉紀、ロシアでの借りを返す「W杯でしか晴らせない」

1
日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀が、意気込みを語った。

日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。

そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。

2019年1月のアジアカップ以来3年ぶりの日本代表招集となった武藤がメディアのオンライン取材に応対。自身の状態や久々の日本代表について語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/52952fba201064a380cb9a6386cf23c44e00902d

「日本代表はどのサッカー選手にとっても特別なものですし、自分自身その気持ちを忘れたつもりはないです」


2
リーグ戦でシーズンが終了してから1カ月半ぐらいが経過した武藤。この間に関しては「このキャンプもあるので、しっかりとした休みは取れなかったです」と語り、「正直、取るのが怖かったというのもあって、動き続けていました」と、しっかりとオフを取ることはなかったという。

久々の代表でのアピールについては「ウズベキスタン戦が無くなったことは残念ですが、トレーニングからしっかりパフォーマンスは見られているので、集中して最大限のパフォーマンスをしたいと思います」と、まずは練習からしっかりアピールしていきたいとした。

3年離れていた日本代表。その間、選手の入れ替わりも起こり、当時のアジアカップからはメンバーや戦い方も大きく変わっている。

武藤は森保ジャパンについて「チームが一つになって戦える、連動して戦えるのは良いことです」と良さをコメント。「久々の招集で、僕も入っていって、良いコンビネーションや良いプレーができることを模索しながら、良いところをアピールしてチームと1つになって良いプレーができればと思います」と、チームにまずはしっかりとアジャストしたいと考えているようだ。

その武藤はマインツやニューカッスル、エイバルとヨーロッパに旅立ってから6年ぶりにJリーグへと復帰。神戸に入団する際も日本代表についての想いを語っていた。

改めて日本代表については「日本代表はどのサッカー選手にとっても特別なものですし、自分自身その気持ちを忘れたつもりはないです」とコメント。「日本に戻ってきた時、もう1度日本代表に戻るというビジョンを胸に秘めていたので、今回しっかりと形となって結果として出たことは非常に嬉しいです」と、まずは再招集されたことを喜んだ。

最近の日本代表については「最終予選ということもあって、見ている側もハラハラしていましたけど、ピッチでやっている選手が100%なのもわかりました」とW杯予選を振り返り、「ピッチにいる選手、スタッフが一体となっているなというのは感じていました」と、画面越しでも一体感は感じていたようだ。

また「自分が入ったらどういうプレーができるかは頭の中で考えていました」とシミュレーションもしていたとした。

その武藤は2018年のロシアW杯に出場。悔しい想いを胸にこの3年半を過ごしたという。「前回大会自分自身は本戦で求めていた結果、求められていた結果を出すことができなかったですし、自分自身本当に悔しい思いをしました。これはW杯でしか晴らせないと思うので、まずは神戸の入団会見でも言いましたが、やることをやって、選んでもらえるように良いパフォーマンスを継続することが大事だと思います」と、今一度良いパフォーマンスを見せたいとした。

その武藤が見せたいプレーは「前にいて、相手の脅威になる。ゴールやアシストという目に見える結果を出せる選手じゃなければいけないと思います」と、結果にこだわるプレーをしたいと言い、「前の選手が点を決めれば後ろの選手は楽になってチームとして優位に立てるので、そういうことができる選手にならなければいけないと思います」と、攻撃陣としての役割を果たすことを誓った。

復帰したJリーグでは、半分のシーズンで5ゴール8アシストを記録。13得点に絡んだ。

手応えについては「まだまだ満足していないですし、ゴールはもっと取りたかったです」とコメント。「アシストという部分では1つ課題をクリアしたかなと思いましたが、FWとしてプレーするなら5点は少ないかなと思います」と、ゴールをもっと増やしたいと考えているようだ。

その神戸では、FW大迫勇也とチームメイトとしてプレー。日本を支えるエースとのコンビについては「大迫選手の良さ、僕の良さは互いにわかり合っているので、良いコンビネーションができていると思います」と語り、「日本代表がどういうフォーメーションでやるかわまだわからないので、しっかり適応させていきたいと思います」と、自身の役割を果たして良さを出していきたいとした。

一方で、長いシーズンをヨーロッパで終え、そのままJリーグでプレー。そして、オフがなく日本代表活動と多忙を極める武藤。休みがないことへの不安については「エイバルでの1年間を終えた後はしっかりと休んだので、そこまで疲れが溜まっていたということはないです」と、神戸に移籍する前に休めたと語った。

ただ、「すぐヴィッセルでのシーズンが始まって、100%ジャないところから始まったのでキツかったのはありますが、大きなケガなくやり続けられたことは、自分自身の自信になりました」と、コンディションが難しい部分も当初はあったが、自信につながったとのこと。「今日から練習が始まって21日にウズベキスタン戦があって、そこで良いパフォーマンスをするためには休んでしまうと厳しいなと経験上思ったので、休む休まないで人によってコンディションの差が生まれるところなので、僕は休まないほうが良いかなと思いました」と、結果を出すためにあまり休みすぎないことを意識したと明かした。
3
日本は1月27日に中国代表と2月1日にサウジアラビア代表とのFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選を予定している。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月17日 22:40
    • ID:FWqXAbHk0
    • 武藤はw杯での印象が最悪すぎる
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月17日 22:48
    • ID:lQ3FICKW0
    • 0トップのほうが機能するんで。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月17日 23:31
    • ID:CbvxU2s00
    • 今回FWが怪我で揃わないからなあ、選ばれたからにはきっちりゴール決めてくれな。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月17日 23:36
    • ID:OtN1WZgv0
    • 予想通りのコメントばっかで草
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 00:08
    • ID:NGbxh15y0
    • 武藤はJの外国人助っ人みたいな選手だよな
      個は間違いなくあって、個で勝負出来るけど悪く言えば脳筋プレーが目立つ
      叩かれてたけどFWなんだからエゴがあって良いと思う
      普通にポテンシャルは間違いないし期待してる
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 00:50
    • ID:BrMXFu0m0
    • 急造チームの短期決戦向きなんだよな。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 01:05
    • ID:uQSUEH9q0
    • 武藤と大迫なら豪州・サウジ相手には十分でしょう。心配はコンディションだけ。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 02:18
    • ID:U2EXLR0X0
    • 武藤もJリーグでは抜けてるから活躍してほしいね
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 08:45
    • ID:rbnpYxe60
    • >>8
      エゴがありすぎるのもどうかと思う。
      今のクリロナみたいにチャンス待つタイプのストライカーなら良いけど、武藤はオナドリする上に奪われるからな
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 09:15
    • ID:4WwITf5Y0
    • コイツは海外で活躍すると思ってたのに海外行ってから何故かサッカーiQと視野が劣化してて残念だったなぁ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ