Sponsored Link

「タキが決めて本当にうれしい」南野拓実、汚名返上の“誕生日弾”に同僚も賛辞!「アーセナル戦ではいろいろ言われ…」

1
批判を浴びたシュートミスから3日、汚名返上となる一発だった。

1月16日のプレミアリーグ第22節ブレントフォード戦で、リバプールの南野拓実は途中出場し、チームの3点目となるゴールを決めた。リバプールはそのまま3-0で勝利。リーグ戦で4試合ぶりとなる白星を手にしている。

南野は13日のアーセナルとのリーグカップ準決勝第1レグで、終了間際にゴール前で絶好機を迎えながら、シュートをクロスバーの上へと外した。決めれば決勝進出に近づいていただけに、“戦犯”として非難の的となっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/80d992f2dcfd868a58b9dff5c7c2a098376cbdb4

出場直後に追加点を挙げ、3日前のリベンジを果たした南野


2
中2日で迎えたブレントフォード戦、モハメド・サラーとサディオ・マネがアフリカ・ネーションズカップ参戦で不在の中、日本代表アタッカーはベンチスタートとなった。だが、チームが2点を先行していた74分に出番を手にすると、3分で結果を出す。

南野がプレスをかけた相手守護神のパスをロベルト・フィルミーノがボックス内でカットすると、そのボールに反応し、フィルミーノにお膳立て。だが、フィルミーノはシュートせずに折り返し、この日が27歳の誕生日だった18番がゴールに押し込んだ。

チームは名誉挽回となる一発を決めた南野を祝福。そのひとり、アンドリュー・ロバートソンは、「アーセナル戦でのタキのチャンスについては、いろいろ言われただろう。彼は自分があれを決めるべきだったと分かっていた。もちろん、彼は決めるべきだった」と話している。(『FanNation』より)

「でも、ストライカーが絶好機を外したときに大事なのは、挽回することだ。そして今日の彼はそれをやってくれた」

ロバートソンは「彼のゴールの中では簡単な部類かもしれない。でも、本当に彼のプレスとボビー(フィルミーノ)が良いプレーだった」と続けている。

「そしてタキ(南野)が押し込んだ。本当にうれしい。誕生日の得点だし、チームでの彼の頑張りからもね。ストライカーにとってゴールを決める以上のことはない。だから彼の自信になるはずだ」

リバプールは20日、アーセナルとのリーグカップ準決勝第2レグに臨む。ファイナルへの切符がかかる一戦で、第1レグでのミスを過去とした南野のパフォーマンスに注目だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 08:45
    • ID:zH2aTorl0
    • ロバートさん良いやつだな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 09:15
    • ID:w1g2xN3X0
    • 少なくともチームメイトに人望があるのは間違いないな
      リヴァプールほどのクラブでそれは凄いこと
      南野の人間性か、クロップの雰囲気作りの巧みさによるものか
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 10:34
    • ID:sAheslxE0
    • >>2
      アホップのおかげな訳ねえだろ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 11:59
    • ID:2E62qM3h0
    • うむ、チームの雰囲気はよし
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月18日 13:19
    • ID:TZo7h2tu0
    • 観客席からの映像見たけどチームメートのみんな祝福すごかったな
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ