Sponsored Link

ドイツで大活躍の奥川雅也に代表招集はあるか。地元紙はレバンドフスキと比較して絶賛

1
今季、ブンデスリーガでプレーする日本人選手は1部に8人、2部に4人。そのなかで、誰の目にも明らかな結果を残しているのがアルミニア・ビーレフェルトの奥川雅也(25歳)だ。

第19節までを終えた現在、18試合に出場し、そのうち17試合が先発で、フル出場は8試合。バリバリの主力として7得点1アシストという数字を叩き出している。しかも、ここ4試合は4連続得点中。地元紙「ノイエ・ヴェストフェリッシェ」には「奥川が(ロベルト・)レバンドフスキより優れている理由」と題した、データに基づきながらも、溢れる愛を感じさせる記事が掲載されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ceea0deb217c8f866666032b1c679403226d87d

グロイタ―・フェルト戦で先制ゴールを決めた奥川雅也


2
バンドフスキといえば、つい先日、2年連続でFIFA最優秀選手に選ばれた、言わずと知れたバイエルンのエース。2017~18シーズン以来ブンデスリーガ4シーズン連続の得点王であり、今季も18試合で23得点を挙げている当代きってのストライカーだ。それよりなぜ、どこが奥川は優れているというのか。

記事はその根拠として、チームの全18得点中7得点が奥川によるものであることを指摘している。「これはチームの得点の39パーセントを奥川が得点していることになる。今季のブンデスリーガで、ここまでこの数字で奥川を上回っているのはレバークーゼンのパトリック・シックとケルンのアンソニー・モデスト(いずれも40パーセント)の2人だけ。レバンドフスキは約37パーセントにすぎない」というのだ。チーム全体の得点数が違うので単純に比較はできないが、チームへの貢献度という点で、非常に高いものがあるのは間違いない。

また、奥川が連続ゴールをあげている直近の4試合は、いずれもチームが2得点を挙げているのだが、これについても同紙は「歴史の教科書をひもとくと......」と、過去を振り返っている。それによると、ビーレフェルトにとって4戦連続の2得点は、実に2006~07シーズンの第30節から第33節まで以来となる歴史的な快挙なのだそうだ。そしてこの快進撃のすべてに関わっているのが奥川なのだ。

先週末の第19節グロイター・フュルト戦での奥川のポジションは4-2-3-1のトップ下。トップにブリアン・ラズミ、右にパトリック・ヴィマー、左にフロリアン・クリューガーといった並びだった。前半8分にクリューガーのパスから奥川が先制点を決めた。

「奥川の快進撃は続いている。この日もまた正確なフィニッシュで、それはこの試合のハイライトでもあった。その後、味方へのパスはほとんどなかった」とは前述のノイエ・ヴェストフェリッシェ紙の奥川評だ。そもそも最下位フュルト相手の引き分け(結果は2-2)だったこともあり、他の選手に対してはかなり辛口。奥川への採点も3(1~6で最高点は1)だったが、それでもチーム最高点だった。

奥川は得点への手応えをこう語っている。

「連続ゴールしているのは自分でもうれしいですし、こうやって自分が(得点を)とれてることでチームの助けになっているっていうのが、僕にとってモチベーションになっています。(フュルト戦は)勝ちにつなげられたらよかったですけど、こうやって点を重ねることでチームを助けたいなと思います」

ここ4試合は2勝2分けで好調に見えるが、ここまで19戦でわずか3勝、降格圏の16位でもがいているというのがこのチームの現実だ。思ったとおりのボールが来る回数は少ないだろうし、必然的に守備に追われる時間も長くなる。そのなかでも得点源として機能し続け、チーム内得点ランクトップであることには、上位チームで活躍するのとはまた違った価値がある。  1月21日には、フェルト戦から中4日で、長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルトと対戦する。今季の結果だけを見れば、奥川の活躍はけっして彼らに引けをとらない。

「僕自身は短いスパンで試合をやるのは好きなので、まずは休みたいですが、前半戦のフランクフルト戦はいい試合ができている(1-1で引き分け)ので、ここから勝ち点3を積み上げられるように練習していきたいです」

もちろん、ドイツで結果を出せば、その道は日本代表にも通じるだろう、これまで森保一日本代表監督が奥川を招集したのは、2020年11月のオーストリア遠征(パナマ戦、メキシコ戦)の一度だけ。ただしこの時は、当時、奥川が所属していたレッドブル・ザルツブルクでクラスターが発生し、招集が取り消される不運があった。

しかし、2021年秋に森保監督がドイツを中心に欧州視察を行なった際には、試合会場で奥川と話し込む姿も見られた。指揮官の視野に入っているのは間違いない。
3
この1月ラウンドで招集されるかどうかは別にしても、ブンデスリーガで現在のようなプレーを続ければ、遠い先の話ではないはずだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 16:01
    • ID:3AhxstGh0
    • この状況で招集されなかったら構想外ということ。さすがに呼ばれるだろう。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 16:26
    • ID:FIBTbnaw0
    • ダメ保「奥川? 聞いたことあるかも~ルンルン♪」
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 16:41
    • ID:w9T0OLXH0
    • ポジションはウイングだけど、特徴としては鎌田と似てるのよな
      レギュラーが決まっててサブに加えるときの特徴としてどう言う選手がいいのかを考えると、浅野より奥川だろと言い切れない監督心理も分かる
      ただ結果を出してるし、三笘も離脱なんだから左ウイングとして呼ぶべきタイミングだと思うわ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 16:50
    • ID:UE.79q9f0
    • モデストは結局ケルンに戻ったのね。
      相変わらずの暴れっぷり。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 17:30
    • ID:Gd7ZXJy10
    • ブンデス7ゴールの奥川とゴールなしの浅野で森保は悩んでるっぽいw
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 17:43
    • ID:tzq6pKb.0
    • 招集されてもどうせ使われないぞ
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 18:02
    • ID:uzrlem5s0
    • 運が悪かったな代表レジェンドの浅野様がいるから無理だな
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 18:13
    • ID:Yso4oIqR0
    • 奥川は鎌田というよりストライカーよりだから南野に似た選手
      同じくザルツブルク産ラングニック流なので似てるところある
      代表では左より真ん中でやらせたい
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 20:51
    • ID:mkxTDkgT0
    • 兎に角、奥川は結果を出し続けることだよ。取り合えず大迫の記録は抜けよ。結果を出し続ければ、自然と代表は転がり込んでくる。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月20日 21:15
    • ID:p44Y6tuv0
    • 浅野には何人たりとも勝てない
      森保解任はよ
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月21日 00:24
    • ID:E4W2iJPk0
    • >>8
      実際試合見てると完全に鎌田寄りだよ
      試合の大半消えてると思ったら急にテクいドリブルやトラップ見せたり点取って存在感を誇示する感じ

      試合単位どころか試合中でも数十分単位で調子変動するけど守備はしっかりやるのもまさに今の鎌田に嗅覚プラスして技術落とした感じ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ