Sponsored Link

「佑都、頼んだ」。吉田麻也から託された思い…長友佑都が日本代表で担う「役割」とは

1
日本代表は27日に予定されているカタールワールドカップ・アジア最終予選の中国代表戦に向けて合宿を開始した。

中国戦に続き2月1日にはサウジアラビア代表戦も控える今回のホーム2連戦は、ワールドカップ出場権獲得に向けた大きな山場だ。何としても2連勝で勝ち点6を積み上げ、グループ3位のオーストラリア代表との差を広げたい。

しかし、不安要素もある。日本代表にはDF吉田麻也とDF冨安健洋が不在なのである。森保ジャパンにおける守備の要としてディフェンスラインを引っ張ってきた2人は、揃って負傷離脱中。今回の2連戦に参加することはできなくなった。

彼らとともにディフェンスラインで主軸を担うDF長友佑都は、吉田が怪我をした時に連絡を取ったという。日本代表での活動に影響があるのではと心配してのことだが、その時のやり取りの中で「『今回行けないけど、佑都、頼んだ』ということは言われました」と長友は明かす。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28bec646ccce7ed4c49f4ba2bb65f00d432f53

試合に出ても出なくても、どんな状況でもチームにとってポジティブな空気、プラスになるような存在でいたい


2
チームキャプテンから不在を託された長友は「期待に応えるように頑張るしかない」と決意を新たにする。そして、彼らがいないからこそ、日本代表がチームとしてステップを上がるチャンスであるとも捉えている。

「吉田と冨安の一番の強みって、僕は精神的に安定しているところだと思うんですよね。だからこそ、日本代表で活躍できる。もちろん選手、チームを含めていい時は誰でもいいんですけど、個人でもチームでもミスをしてちょっとナーバスになっている時に、その選手の(本来の)価値や力が出ると思います。

吉田と冨安は精神的に安定した強さを持っていますし、そこが強み。(彼らの不在時に)誰が出るかわからないですけど、本当にうまくいかない時にどうやって安定した精神状態を保てるか、試されている部分はあると思います」

センターバックコンビは必然的に経験の浅い選手たちが担うことになる。DF板倉滉やDF谷口彰悟、DF植田直通、DF中谷進之介が代役候補になるが、彼らが中国戦やサウジアラビア戦で「本当にうまくいかない時」に向き合って、乗り越えれればチームとしての大きな成長につながるだろう。それを長友は隣でサポートするつもりだ。

「どんな状況でも自分がここにいるということは、チームにポジティブな空気をもたらす、1人ひとりの心をつなげるといいますか、そういったことができたらなと。それが自分自身の強みだと思っています。今回も試合に出ても出なくても、どんな状況でもチームにとってポジティブな空気(を作り)、プラスになるような存在でいたいなと思っています」

35歳のベテランサイドバックは「『大丈夫だよ。全然問題ないよ』と前を向く、ポジティブな精神状態にさせるのも僕自身の役割」だと強調する。

「日本にはたくさんいい選手がいますし、代わりに出てもしっかりと戦える選手がいるので、僕自身は心配していないですね」
3
いつどんな状況でも物事を前向きに捉えるのが長友流。中国とサウジアラビアに2連勝して吉田&冨安の不在をポジティブな収穫につなげるためにも、その言葉通りの振る舞いに期待したい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無しのまとめりー
    • 2022年01月25日 04:54
    • ID:q5NQddvB0
    • また長友のせいで負けそう
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月25日 14:38
    • ID:0iG.4BmA0
    • 今回みたいな緊急事態で徹底的に板倉等のCBのフォローに回る等、プレースタイルを変えて無失点、2勝に繋げれたら見直す
      中途半端すぎた今までのことも含めたら出来ないとは思うけど
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ