Sponsored Link

アーセナル冨安の離脱、“トップ4入り”へ大打撃と英識者指摘 「希望に大きな痛手」

1
アーセナルの日本代表DF冨安健洋は負傷によって戦線離脱を余儀なくされ、カタール・ワールドカップ予選の中国戦(1月27日)とサウジアラビア戦(2月1日)を欠場する。アーセナルのミケル・アルテタ監督は「数週間の離脱」と明言しており、クラブ、代表ともに大きな痛手となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7585b32f559092728c8ee741a64427d708d3bcb4

冨安の離脱へ元リーズのウィーラン氏が見解、攻守への存在感を評価


2
冨安は現地時間20日に行われたリーグカップ準決勝第2戦のリバプール戦(0-2)にフル出場したものの、23日のバーンリー戦(0-0)はメンバー外に。同日に日本代表への招集辞退も発表された。アルテタ監督は冨安がリバプール戦で怪我を抱えながらプレーしていたことを明かしている。

現役時代にリーズ・ユナイテッドなどでプレーした解説者のノエル・ウィーラン氏は、冨安の離脱がアーセナルのトップ4入りの希望に影を落とすと危惧している。同氏は英メディア「フットボール・インサイダー」で冨安について次のように語っている。

「(冨安の離脱は)トップ4への希望に大きな痛手となる。彼は夏に加入して以来、最も安定していた最高の選手の1人だ。彼を1対1で抜ける選手をほとんど見たことがない。プレミアリーグのペースに慣れてきているし、少しずつ前線に出てくるようにもなっている。これはミケル・アルテタが望んでいたことだろう。彼はバックラインの安定を望んでいた。それだけにこれは大打撃だ。フルバックにしては背が高いいため、(アーセナルは)彼の守備技術だけでなく、攻守のセットプレーにおける空中戦能力も失ってしまった」

日本代表では不動のセンターバックの一角である冨安も、アーセナルでは右サイドバックを務める。地上戦、空中戦問わず1対1の強さを発揮し、4バックの安定に大きく貢献。ウィーラン氏は少しずつ攻撃面でも存在感を示し始めたと評価している。
3
加入直後からレギュラーに定着し、抜群のパフォーマンスを続けてきた冨安。残りわずかとなった冬の移籍市場での補強も噂されているが、アーセナルは冨安不在でできた穴をどのように埋めるのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月26日 18:17
    • ID:KM2RCMza0
    • マジで怪我で潰れていくのは勘弁してくれよ。冨安や久保がどこまで行けるのか絶対見たいもんな。
      これを期にしっかり治してくれ。代表ウィーク挟むのは朗報だわ。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月26日 19:06
    • ID:l.zhc5Gu0
    • 個人でトップ4へ行けばいい話。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月26日 23:44
    • ID:kuWvkbe.0
    • もちろん抜けるのは痛いんだけど、トップ4にいきたいならFWとボランチの補強どうしたんだよ。全部振られてるようだけど、まさか補強なしなんてことないだろうな。放出しまくってるのに補充なしってやばいぜ。ラカゼットもそろそろパンクしそうな酷使で調子がちょっとずつ落ちてるし。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ