Sponsored Link

チャビ、デンベレ代理人に「残るならプレーすることはない」と断言か…移籍先候補にはPSGの名も

1
バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が現地時間26日、FWウスマン・デンベレの代理人ムサ・シッソコ氏と話し合いの場を持ったようだ。スペイン『マルカ』電子版が報じている。

バルセロナは契約延長の意思があるとしながらも、ことごとくオファーを断ってきたデンベレとシッソコ氏に対して我慢の限界を迎えた様子で、フットボールディレクターのマテウ・アレマニー氏が「この冬の移籍市場で、できるだけ早く出て行ってもらわなければ。それが両者のためだ」と断言。それからチャビ監督は、同選手を招集外として扱うようになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/86ee6fc446376b632297ecfec39cb6d0cdd41c08

「そのどちらも受け入れないとしたら、バルセロナで再びプレーすることはない」


2
そして26日、シッソコ氏はデンベレが実際にどういった状況に置かれているのかを知るため、チャビ監督と話し合った模様だ。『マルカ』曰く、バルセロナ指揮官はシッソコ氏からデンベレが契約延長も退団もしなければ一体どうなるのかと問われ、次のように返答したという。

「そのどちらも受け入れないとしたら、バルセロナで再びプレーすることはない」

あまりにも厳しいメッセージのように思えるが、しかしチャビ監督とシッソコ氏は、緊張感がみなぎる雰囲気の中で話し合ったわけでもないようだ。両者は最善の解決策を見つけ出すことを目的に対話を行なったようで、そのために自分たちの考えやを明確にしていったとみられる。

またシッソコ氏はチャビ監督に対して、デンベレがバルセロナに尽くす意思を変わらずに持っていることを強調したようだが、チャビ監督は深く理解している様子だったという。バルセロナ指揮官は実際的に、デンベレの練習に取り組む姿勢に対しては、これまでと変わらず大きな満足感を得ているとのことだ。
3
デンベレの去就について、『マルカ』は「あらゆる可能性がある」としながらも、選手側がこの冬に移籍先を探す可能性が高いとの見解を示す。同紙電子版によると、このフランス代表FWに対しては複数のクラブが獲得に興味を持っており、その中にはパリ・サンジェルマンも含まれているようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月27日 17:30
    • ID:Jam2sS7W0
    • 1億ユーロをドブに棄てたバルサ
      パリは問題児集めすぎ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月27日 18:17
    • ID:xlnVlpQ60
    • こんなブサイクが人種差別発言とか笑っちまうよな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月27日 18:38
    • ID:lIZSPM8K0
    • チャビは、クラブの経営事情理解してるんかな?
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月27日 18:47
    • ID:kjeCrh7b0
    • ※2
      こんなとこで悪口しか書けないお前の人生は笑えないけどな
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月27日 19:34
    • ID:FmwBxe3F0
    • >>3
      もちろん理解してるというか、これはクラブ側の意思だと思うよ
      シャビはずっとデンベレを評価して使いたがってるコメント出してた
      でもクラブ首脳からこの手の話がでて数日後からこういう態度に変わった
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月28日 07:25
    • ID:juM8ScZJ0
    • >>5
      デンベレ売却して、その金で選手獲得する状態なんだろうな。
      楽天と拗れた原因だったし...もしかしてデンベレ売却出来れば、楽天がスポンサー続けるのかもな
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年01月28日 12:29
    • ID:cHt3MZbA0
    • 実際的にって何だよ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ