Sponsored Link

「ブライトンで楽しみだ」三笘薫の来季プレミアリーグ挑戦、海外識者が“推し”の声

1
ベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ(ユニオンSG)の日本代表MF三笘薫は現地時間5月15日に行われたプレーオフ1の第5節のアンデルレヒト戦(2-0)に先発し、前半2分に今季8ゴール目となる先制点をマークした。ベルギーの地で躍動する三笘に関して、早くも来季のプレミアリーグでの活躍を期待する声が挙がっている。

2試合連続でのスタメン出場となった三笘は左のウイングバックとしてプレー。すると試合開始からおよそ1分半、右からの折り返しに中央で合わせ、電光石火の先制点をマークした。4月24日のプレーオフ1第1節の本拠地アンデルレヒト戦(3-1)以来4試合ぶりの得点で、今季公式戦8点目となった。ユニオンSGは後半5分にFWデニズ・ウンダフが追加点を奪い、そのまま2-0で勝利した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cef21f16482fc291ffed80b081da08a62611779c

アンデルレヒト戦で今季8点目、イングランドで取材活動するジャーナリストが熱視線


2
今季から1部リーグに昇格したユニオンSGはレギュラーシーズンを1位で終える大躍進で優勝争いを演じた。上位4チームによるホーム&アウェーのプレーオフ1でリーグ王者の座をクラブ・ブルージュに譲る格好となったが、2位を確保し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ3次予選からの出場権を獲得した。

イングランド1部プレミアリーグのブライトンから期限付き移籍でチームに加入した三笘は、途中怪我で離脱した期間もあったが、シーズンを通して28試合に出場。8得点4アシストと攻撃面での貢献が光った。

ブライトンなどイングランドで取材活動をしているジャーナリストのチャーリー・ハッフェンデン氏はツイッターで「デニズ・ウンダフとカオル・ミトマの両方がアンデルレヒト戦でスコアシートに載った。2人がブライトンのシャツを着ている姿を見るのが楽しみだ」と投稿している。ウンデフも三笘と同様にブライトンから期限付き移籍した選手で、今季27得点とゴールを量産した。

ユニオンSGの躍進を支えた2人は世界最高峰の舞台であるプレミアリーグでも通用するのか。早くも来シーズンに向けて期待が高まっているようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月16日 16:44
    • ID:HF2o.QRm0
    • 現地のジャーナリスト的にもブライトン復帰が既定路線なんだな。
      トロサールの壁は厚くて高そうだが、タイプもちょっと違うし、うまく個性出して出場機会増やせればまた成長しそうだな。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月16日 19:59
    • ID:ABTMBkPL0
    • 心配なのはプレミアの強度の上がった守備での怪我だけだと思う
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月16日 23:07
    • ID:WroXwqVq0
    • ブライトンサポによるとウンダブはすでに同じタイプのレギュラーFWがいるので競争だけど、三笘タイプはいないからいいオプションになるという見方のようだ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月17日 09:39
    • ID:gpWVAhER0
    • ブライトンならレギュラー掴めるんじゃね?
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ