Sponsored Link

「ワタルは素晴らしいリーダー」シュトゥットガルト指揮官、1部残留に導いた遠藤航に脱帽

1
シュトゥットガルト率いるペレグリーノ・マタラッツォ監督はクラブを救うゴールを決めた遠藤航を「素晴らしいリーダー」と絶賛した。

14日のケルン戦は絶対に勝たなければいけなかったシュトゥットガルト。スコアが1-1のままアディショナルタイムに突入すると、CKからのボールをDF伊藤洋輝がニアでフリックし、ファーの遠藤がダイビングヘッドで決勝弾を叩き込んだ。この結果、同時開催の試合でボルシア・ドルトムントもヘルタ・ベルリンに逆転勝利を収めたため、シュトゥットガルトはヘルタをかわし15位に浮上したことで1部残留が決定した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/99457c8a8a6288a321823d622a27cacf6f3218fe

シュトゥットガルト率いるペレグリーノ・マタラッツォ監督


2
クラブマスコットや選手たちに押し倒され、得点者が遠藤だったことを後から知ったマタラッツォ監督だが、その劇的ゴールについて試合後、「みんな最後まで諦めず、自分たちを信じ続けて得た報酬。VfBファミリー全員にとって素晴らしい瞬間だったと思う」と表現。チームを勝利に導いたのは主将の遠藤だったことについてはこのように語った。

「あの瞬間、誰がゴールを挙げたのか確認できていなかたんだ。ネットを揺らしたことだけ見えていた。副審がフラッグを上げたか否か確認したが…。感動のあまりに言葉にできない」

「ワタルのあのゴールは信念のゴール。完璧に彼に値する。彼は何カ月も何年間も、うちで走り続け、キャプテンマークにふさわしいことを示してきた。素晴らしいリーダーであることを示し、私はワタルやチームのみんなとともにとても喜んでいる」

また同監督はそのゴールをアシストした伊藤についても言及。当初はBチーム入りの予定ながらトップチームで公式戦30試合に出場したDFのドイツでの初シーズンを振り返った。

「ヒロがこれほど早く定着できたことには全員がポジティブな驚きを覚えただろう。今シーズンずっと安定していたのは彼のサッカーの能力だけではなく性格も大きく関係している。新たなリーグにやって来たのだからね。もちろん、3~4試合で良いパフォーマンスを見せることはあり得るが、これほど安定感をもってパフォーマンスを維持できたのは彼の性格を物語るものだ」

「素晴らしいパフォーマンスだ。(ヘルタ戦前)2日間練習欠席を強いられ、試合前にちょっとだけチェックしただけなのにあれほどのプレーを見せたことは彼を物語る」
3
なおスヴェン・ミスリンタートSD(スポーツディレクター)もクラブ公式チャンネルで、遠藤がラストマッチで決定的な存在となったことについてコメント。「うちのキャプテンが最終的に我々に残留をもたらした2-1のゴールを決めたのは象徴的だった」とそのチームにとっての重要性を強調していた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月17日 04:50
    • ID:E7xme8fA0
    • 伊藤は態度でかくて草。遠藤も「海外向きの性格」と言ってる。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月17日 08:17
    • ID:nMA8GQ8n0
    • LEG"ENDO"だな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 23:01
    • ID:pfcRgzCf0
    • 遠藤はキャプテンじゃないみたいなこと言ってたOBいなかった?
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ