Sponsored Link

「めったにミスを犯さない」冨安健洋、“プレミアの隠れベスト11”に海外選出!「10年不安定だったアーセナルの守備で堅実」

1
冨安健洋が再び負傷で交代を余儀なくされ、アーセナルとそのサポーターは心配している。それは、存在感の大きさの裏返しとも言えるだろう。

昨夏、移籍市場最終日にボローニャから加入した冨安は、デビュー戦からアーセナルの守備再建と復調に貢献。シーズン前半戦でプレミアリーグを代表する注目の新顔として評価を高めたが、昨年末から負傷に悩まされ、1月下旬から3か月にわたって戦列を離脱した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cdee8a6decb0b296b3f87347b77877192c11416

故障により長欠があったものの、冨安への高い評価は変わっていない


2
離脱中にその不在を嘆く声が絶えず、復帰後にチーム事情から左SBを務め、しっかりことなしたことで、改めてそのユーティリティー性にも賛辞が寄せられた冨安。サッカーサイト『HITC』は5月17日、今季プレミアリーグの「隠れたヒーローたちのベストイレブン」に冨安を選出している。

HITCは「スーパースターたち以外にも、ふさわしい称賛を受けずに黙々と役割をこなしてきた選手たちはたくさんいる」とした記事で、冨安を「過去10年、安定することができなかったアーセナルだが、タケヒロ・トミヤスは守備陣で堅実だ」と紹介した。

「日本代表はめったにミスを犯すことがない、実用的で真面目なDFだ。彼がケガをしているときに、アーセナルがその不在を強く感じることになったのが、彼のクオリティを証明している」

同メディアによる「隠れたヒーローたちのベストイレブン」は、以下のとおりだ。

GK:アリソン・ベッカー
DF:冨安、ジョエル・マティプ、ベン・デイビス、マルコス・アロンソ
MF:ジョアン・モウチーニョ、ロドリ、パブロ・フォルナルス
FW:ブライアン・ムベウモ、レアンドロ・トロサール、ジェイミー・ヴァーディー
3
確かなインパクトを残した一方で、後半戦はフィジカルの問題がつきまとった冨安。来季は「隠れたヒーロー」ではなく、真のベストイレブンを果たすような活躍を見せられるだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月19日 00:25
    • ID:ydVntKaa0
    • ここにいるメンツと同等の評価を受けてるって凄いことだな
      過大ではなく適正だと思うから尚更
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月19日 01:00
    • ID:Y7JyHbMI0
    • 試合にずっと出てたらもっと評価高かったんだろなー
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ