Sponsored Link

冨安健洋は練習を欠席。プレミア最終節を前に“決着済み”と見る現地メディアがアーセナル「失敗」の原因を検証

1
プレミアリーグ第37節でニューカッスルに0-2の敗北を喫したアーセナルは、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権争いのライバルであるトッテナムに4位の座を奪われてしまった。

最終節のカードは、アーセナルが16位エバートンとホームゲーム、対して勝点2上回るトッテナムはすでに降格が決まっている最下位ノリッジとのアウェーゲームということで、争いは決着したと見る向きが多い。ちなみに水曜日の練習で、アーセナルは冨安健洋、エミール・スミス・ロウ、ガブリエウ・マガリャンイス、ベン・ホワイトの主力4人が欠席していたという(スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』より)。

サッカー専門メディア『Football365』は、37節で首位のマンチェスター・シティがウェストハムと引き分け、2位リバプールが勝点1差に再び肉迫したことを引き合いに出し、「リバプールの奇跡が、CL出場を狙うアーセナルに“愚かな警告”を無視できること示した」と報じ、最終節の逆転はあり得ると指摘したが、やはりこれは少数意見と言えよう。

『Sky Sports』は、「数字的にはまだ可能性はあるものの、月曜日の夜(ニューカッスル戦)に彼らが見せた反応が全てを物語っている」として、すでに「アーセナルのCLへの望みは消え去った」と見ており、早くも「ミケル・アルテタ監督のチームはどこで間違いを犯したか?」という検証まで行なっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb7ce99662fc832bd85b135ea532df87790b9420

リーグ最終節を前に練習を欠席しているという冨安。CL出場権を争うアーセナルの運命やいかに…


2
「有望なシーズンが残念な終わり方を迎えた」理由のひとつとして、まず挙げられたのは、「経験とクオリティの欠如」。ニューカッスル戦ではグラニト・ジャカが「試合の準備ができていないのなら、年齢に関わらず家にいるべきだ。この試合が重要な試合であることは分かっていたはずだ。こんなパフォーマンスは許されない。これでは、CLやヨーロッパリーグを戦う資格はない」と自チームを批判したことは大きな物議を醸したが、同メディアは「概ね間違っていない」とスイス人MFに同意する。

アーセナルは今季のプレミアリーグ20チームの中で最もチームの平均年齢が低く、若さゆえに勝利の後は自信をつけて連勝を重ねるが、逆に挫折から立ち直るのに時間がかかるという傾向を示した。開幕戦で連敗を喫し、ひとつの勝利を挟んで再び敗北。そこから冨安健洋らの加入で勢いに乗って10戦負けなしとなったが、12節でリバプールに敗れると、続く3試合で2敗、その後は5連勝→5戦勝ちなし→2連勝→負け→2連勝→3連敗→4連勝→2連敗と、連勝と連敗を交互に続けている。

クオリティという点では、ニューカッスル戦での各選手のパフォーマンスの悪さを指摘し、また得点力の面でも、大事な後半戦に入った2月以降にトッテナムがハリー・ケインとソン・フンミンの2人で24ゴール(リーグ戦)を奪ったのに対し、アーセナルはブカヨ・サカの5得点に止まったことを例に挙げた。

続いての“間違い”は「1月のギャンブルが裏目に出た」こと。夏とは打って変わって投資を渋ったことで、当時は「大きな賭け」といわれていたが、これが報われることがなかった。ニューカッスル戦でトドメを刺されたブルーノ・ギマラエスは、今冬にアーセナルが獲得間近と報じられた選手である……。

補強どころか、ピエール=エメリク・オーバメヤン、カラム・チェンバース、パブロ・マリ(レンタル)、エインズリー・メイトランド=ナイルズ(レンタル)を放出したが、この点も、ロドリゴ・ベンタンクールやデヤン・クルセフスキらを獲得するなど、積極的な補強を展開したトッテナムとの違いが指摘されている。

そして、最後に挙げられたのは「怪我人の続出が招いた選手層の薄さ」。これは前の補強に関する判断ミスと繋がる問題だが、代えの利かない選手を怪我で欠いたことで、明らかに戦力ダウンを強いられたことだ。その最たる例は中盤のトーマス・パーテイで、彼の存在の有無で勝率が67%から45%まで変動することが示されている。他にも、ふくらはぎの負傷で長期欠場し、ニューカッスル戦ではハムストリングスを傷めた冨安、左SBのキーラン・ティアニーも、その穴を埋めるのは難しい選手として言及された。

それでも、記事は元イングランド代表のFWアラン・スミスによる「過去2シーズンがリーグ8位に終わったことを考えれば、今季5位だったとしても、それは進歩だ。それが、彼らが望んだものではなかったとしても、EL出場は失敗ではない。一歩前進を遂げたことになる」「アーセナルの未来は明るい。若いチームであり、さらに良くなるだろう」とのポジティブな展望で締められている。

なお、アーセナルは来季に向けてすでに動いているようであり、日刊紙『THE Sun』はウディネーゼ所属のアルゼンチン代表サイドプレーヤーで、右SBやWBを主戦場とするナウエル・モリーナの獲得を目指し、移籍金だけでなく、同チームにレンタル移籍しているマリを差し出す用意もあるという。
3
アーセナル対エヴァートンは22日夜24時より試合開始予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 21:26
    • ID:s.N1ckwV0
    • 2連勝→負け→2連勝
      連勝と連敗を交互に?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 21:43
    • ID:v1jL26Wh0
    • てか怪我で主力抜けすぎやわ
      スペの選手が多いのか、それともアーセナルのトレーニング方法が悪いのか知らんけど
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 21:51
    • ID:0b6kAB270
    • DFラインみんな離脱しまくってるからな
      元気なのセドリックとタバレスだけという
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 21:55
    • ID:PnKFwZCW0
    • 冨安はシティに移籍しよう。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 21:56
    • ID:z4d7rwUJ0
    • ※2
      プレミアの問題やろ。試合数が多すぎるし、ベンチに入れる選手が他のリーグに比べて少ない。ベンチ規定に関しては変更する動きはあるもののいい選手の数で明確に差が出るとして中位下位くらぶが反対してこれも実現が厳しい。あとハードタックルの影響もあるだろう。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 22:01
    • ID:qzHzqJPE0
    • ※4
      あんなスぺ要らんわ
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 22:26
    • ID:H6GFMMA20
    • リーグ戦だけで満足してりゃ良いのに薄い戦力でカップ戦に色気出して主力出した結果だろこの怪我人だらけは
      只でさえリーグ戦だけでも中2、3日が連続する様なプレミアの糞日程でそんな両立出来る戦力だったのかよ最初からリーグ戦だけに集中して漸くCL圏ギリの3~4位に入れるかどうかだったろが
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 22:40
    • ID:SKj0ejoW0
    • ただ自分の鬱憤を晴らすためだけの、人への敬意の欠片もないコメントはやめてほしい
      本当に醜いわ
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 22:46
    • ID:N7viMxFL0
    • 選手層がcl狙えるレベルじゃない
      アルテタはよく頑張ったと思う
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 23:13
    • ID:JEZh2zKa0
    • 確か来シーズンのプレミアは交代枠増えるんだよね?若いチームだし枠増えるなら希望はある
      まぁW杯イヤーだから疲労の蓄積でトレードオフかも知れんけど
      ただ、アーセナルって伝統的に選手の怪我が多い気もする
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 23:21
    • ID:SVFf3.8h0
    • アーセナル保有レンタル選手はサリバの他にもシュットガルトの右CBマヴロパノス(残留で買取義務)
      チェンバースやコラシナツは冬に雑に放出と、アルテタが自分が契約した選手しか使わないのが原因
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 23:36
    • ID:6dseFG2O0
    • 冬の移籍期間に使える選手をあれだけ放出したのに1人も獲得しなかったのは、CL出場は来シーズンではなくその次のシーズンの目標にして、まず選手を入れ替えることを優先させた結果だろう
      来シーズンにかけてよりレベルの高い選手に層に変えていく計画だな

      アルテタの失敗は国内カップのリヴァプール戦のアウェイで先発したセドリックがいきなり負傷したためにホームでケガの冨安を強行出場させて冨安を終わったこと
      あそこでセドリックがケガをしなければな

    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月20日 23:44
    • ID:o1ptWBe00
    • アーセナルってファウルやカード多いんだっけ?
      もしそうだとするとアーセナルに対して吹かれるようなラフプレイが相手チームだと見逃されやすく怪我の元になりやすいとか
      それともファウルしまくって守備の時間が増えるから守備陣の負担になるとか
      ただたんにアーセナルメディカルの問題なのか
      なんだろうね
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月21日 00:03
    • ID:LzGXatCF0
    • 冨安酷使したのは許さんけどな
      アルテタが無理に使ったせいで以前よりも更に怪我がちになったしな
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月21日 01:13
    • ID:JHyJot4Y0
    • >>11
      マヴロパノスはそもそも怪我ばっかりしてて、アーセナルではまともに稼働してなかったでしょ・・・
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月21日 14:44
    • ID:NICKNa9w0
    • 直近の怪我は12月からの怪我とは部位が違うだろ。前は左右のふくらはぎ、直近のは太股。ふくらはぎを休ませてるとき太股も休ませてただろうから、そでも怪我をするというのならもうやれることは手術しかないと思う。
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月21日 15:37
    • ID:.kXI.1l40
    • 本人はただただ頑張ってるのに、勝手に過度な期待して思い通りにいかないと「あんなスペいらん」だのなんだのと
      久保ファンもそうだけど、非常に醜い。
      ファンなら厳しい時期過ごしてる選手を応援してやれよな。
    • 18
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月21日 16:37
    • ID:yQFBtysS0
    • 本当に今期のアーセナルは大失敗で残念なシーズンで終わったな。
      終了後、監督解任だな。
    • 19
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月22日 06:02
    • ID:Emk90IFQ0
    • トップ4争いで大失敗、解任って正気かよw
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ