Sponsored Link

バルセロナ、今季最終戦を黒星で終える…カンプ・ノウ攻略のビジャレアルがカンファレンスリーグ出場権獲得

1
バルセロナは22日にラ・リーガ最終節、本拠地カンプ・ノウでのビジャレアル戦に臨み、0-2で試合を落とした。

すでに今季ラ・リーガを2位で終えることが確定しているバルセロナ。チャビ監督はGKテア・シュテーゲン、DFダニエウ・アウベス、アラウホ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、MFフレンキー・デ・ヨング、ブスケツ、ガビ、FWアダマ・トラオレ、オーバメヤン、フェラン・トーレスをスタメンとして起用している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/edd7379713e099db1973f9e0083806e31ed8d17b

今季最終戦を終えたバルセロナ


2
立ち上がりからボールを保持して攻め込んだバルセロナだが、やはり何を懸けているときに発揮される然るべきインテンシティーはみられず。そして41分、そこまで苦しむことなく守っていたビジャレアルが先制点を記録した。パレホの浮き球のパスから左サイドを突破したペドラサが、そのままT・シュテーゲンを破っている。

後半、バルセロナは55分に2失点目。A・トラオレのクリアミスからモイ・ゴメスにもネットを揺らされている。チャビ監督は56分にオーバメヤン、A・トラオレを下げてデンベレ、アンス・ファティを投入。また71分にはF・トーレス、ガビをメンフィス、リキ・プッチに代えた。

追いつきたいバルセロナは73分にペナルティーエリア内の混戦からフレンキー・デ・ヨングがヘディングシュートを突き刺すが、これはオフサイドの判定に。また76分にはデンベレがシュートまで持ち込んだものの、こちらは枠を捉えられなかった。

チャビ監督は81分にダニエウ・アウベスをミンゲサに代えて、交代カードを使い切る。バルセロナは最後までビジャレアル陣地で試合を進めたが、結局1点を返すこともできず終了のホイッスルを迎えることになった。

ビジャレアルは7位でラ・リーガを終えて、カンファレンスリーグ出場権を獲得している。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月23日 17:23
    • ID:cGKuj8x90
    • 弱いなあ。弱いよ、弱すぎる。
      リーガはレアル一強待ったなしだなあ。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月23日 17:55
    • ID:.Cu1NWaT0
    • プレミア以外どこも弱くなっていくわ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月23日 18:27
    • ID:G.lSE9wP0
    • なんやかんや2位フィニッシュなんだな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月23日 18:34
    • ID:TswXjNmD0
    • トラオレの使えなさは異常
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月24日 04:50
    • ID:QfE.hT6a0
    • 先ず、バックスが弱すぎる事と攻めの崩しが甘いよね。相手を完全に崩せないままの無理したシュートばかり。メッシの様なシュートセンスが無いから入らないね。
      ウルバーのインド水牛は返品だな。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ