Sponsored Link

日本代表初選出の伊藤洋輝、充実の1年で遂げた驚くべき成長 最終節の“劇的残留弾”呼び込んだアシストの“凄み”

1
当初セカンドチームでプレーする予定だった選手が、あれよあれよという間にトップチームでの出場機会を増やし、終盤にはレギュラーとして欠かせない存在になるとはだれが予想できただろうか。ドイツ1部シュツットガルトで日本代表に初選出されたDF伊藤洋輝だ。

ブンデスリーガ最終節のケルン戦では相手エースFWアントニー・モデステをどのように止めるかが非常に重要なカギだった。モデステは第33節終了時点で、19ゴールを決めており、センタリングに対して非常に優れたタイミングでシュートへ入ってくる。とても高いクオリティの持ち主で、センタリングをどう止めるかが勝負の分け目となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a60d779efc2cff219cd1dc8ee5e06e72283f87d3

伊藤洋輝の判断の良さがブンデスリーガ残留へと導いた


2
そんなモデステと対峙することが多かったのが伊藤。この試合でやらなければならないことはたくさんある。だが焦りを感じさせずに、多くの局面で冷静に適切に対応してみせた。自陣では味方と連係しながらモデステを終始密着マークで封じ込め、味方が相手陣内の高い位置でプレスに行ったときは伊藤もポジションを離れて相手陣内でプレスに加勢。出足良く相手の前でインターセプトをするシーンもたびたび見られた。

ヨーロッパでは足を止めて相手の出方を待つことはよしとされないケースが多い。鋭く相手にプレッシャーをかけ、なおかつそこでボールを奪う、前には運ばせない、味方のサポート時間を作るというタスクをこなせなければならない。タイミングがずれてのアタックは相手にスペースを与える要因にもなってしまう。

伊藤だけではなく、シュツットガルトが相手の攻撃に対して後手になってしまう時は、チーム全体としてこのボール保持者へのアプローチのタイミングがずれ、かいくぐられ、他の選手が引き出され、さらに危険なスペースが開いてしまうという悪循環にさいなまれることが少なからずあった。

出るなら正しいタイミングで出る。そしてかわされる危険があるなら瞬時についていく、あるいはポジションに戻るという選択肢も残しながらのアタックが必要となるわけだが、この辺りの状況判断が伊藤は試合を重ねるごとに、明確になっていった。

このケルン戦でもサイドに引き出されて深いところへのパスを許しながら、そこからすぐにダッシュでペナルティーエリア内へ戻ることで大きなピンチにさせないというシーンが何度もあった。シンプルなヘディングの競り合いではモデステにも勝利。失点のシーンこそモデステの嗅覚の鋭さにやられたが、GKのキャッチミスをリカバリーできる時間的余裕もなかった。

そして伊藤のパフォーマンスを語るうえでその落ち着き払った冷静さを外すことはできない。劇的な決勝ゴールとなったチームメイトMF遠藤航のヘディングシュートをアシストしたのが伊藤だったわけだが、アディショナルタイム2分、GKミュラーも攻めあがってくるというこのプレー後に笛が吹かれてもおかしくないという状況で、ゴールの可能性を高めるための選択肢を選ぶことができるというのは特筆すべきことではないだろうか。おそらく、他の選手にボールが来ていたら、十中八九直接ヘディングでシュートを狙っていたのではないだろうか。あそこで冷静にボールをファーポストに流すというのにはケルン選手も意表を突かれたはず。

その時必要なプレーを普通にやるというのは、一見当たり前のことのように思われるが、相当に難しいことだ。それこそ筆者が初めて伊藤のプレーをスタジアムで見たのは第4節フランクフルト戦だった。後半25分に左ウイングバックのボワナ・ソサと交代で出場。後半37分、伊藤は後方のセンターバックを務めるウラジミール・アントンにスローイングでボールを渡そうと思ったが、逆方向をついてしまい、ボールロスト。アントンは相手をファウルで止めてしまい、まさかの一発レッドとなった。ブンデスリーガ出場2試合目のルーキーは自身が絡んだミスでチームをピンチにさらしてしまったとなったら、動揺してミスを連発しても不思議ではない。だが伊藤はそうした状況でも“普通”に攻撃に絡み、“普通”に激しく守備をしていたのが何より印象的だったのだ。

ケルン戦後に行われたリモート記者会見で、ペジェグリーニ・マテラッツォ監督に「ノーネームから驚くほどの成長を遂げました。彼の今季のパフォーマンスをどのように評価されますか?」という質問をした。

「ヒロキがここまですぐに順応したというのはみんなにとってポジティブな驚きだった。新しい文化、新しいリーグにもかかわらず、自身のパフォーマンスを発揮してくれている。そして性格面も素晴らしい。負傷の影響で2日間、トレーニングができなかったのだが、でも今日これだけのパフォーマンスを見せてくれたことが彼のすばらしさを表していると思うよ」

シーズン終了から数日後には完全移籍が発表された。クラブからの評価も信頼も高い。日本代表にも初めて招集された。ここからさらにどんな成長を見せてくれるのか。無限の可能性を秘めた若きDFが日本代表の秘密兵器となってももはや不思議ではない。
3
ジュビロ磐田とシュトゥットガルトは20日に、伊藤洋輝の後者への完全移籍を発表。シュトゥットガルトは、同選手と2025年までの契約を結んだことも伝えた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月26日 05:22
    • ID:mcZt1sLv0
    • まぁ楽しみな選手ではあるね。兎に角、DFは継続性と安定性が一番大事。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月26日 11:42
    • ID:99qgK4.30
    • 遠藤選手と近い位置でプレーできたのも大きかったのかな?
      近く頼もしい選手がいると出来る事の幅も広がるだろうし。
      今度代表戦に呼ばれるみたいだしこれからを楽しみにしたい。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ