Sponsored Link

アーセナル冨安は「最大のサプライズ」 英メディア総括、安定プレー絶賛「彼はヒットだった」

1
プレミアリーグは2021-22シーズンを終了し、マンチェスター・シティがリバプールに競り勝ち、2連覇を成し遂げた。英メディア「The Athletic」は、最終節で惜しくも来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したアーセナルのシーズンを振り返り、最大のサプライズについて、日本代表DF冨安健洋の存在を挙げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad9e4699b621393ff04f8d7f991bc8ddd1c050cc

アーセナルのシーズンを総括、今季新加入の冨安へ賛辞


2
シーズン序盤、3連敗で最下位に低迷したアーセナル。冨安がイタリア1部ボローニャから加入したのは、まさにそのタイミングだった。移籍市場の最終日に加入後、第4節のノリッジ・シティ戦に右サイドバックで出場機会を得ると、1-0の今季初勝利に貢献。そのままレギュラーに定着し、負傷離脱もあったなか最終的にはリーグ戦21試合に出場し、1得点2アシストを記録している。

不安定だった守備を立て直すキーマンになったことに加え、同じ北ロンドンに本拠地を置くトッテナムが加入を見送っていたこともあり、冨安の人気は一気に高まった。そして、「The Athletic」のシーズン総括原稿内では、「1年間の最大のサプライズ」として、冨安の存在が挙げられている。

記事では、「移籍市場最終日に契約を結んだが、ほとんど何も知られていなかった。ほとんどのアーセナルファンは、日本代表選手に何を期待していいのか分からず、懐疑的だった」と、加入直後の期待値が低かったことに触れた。

そして「彼は最初のノリッジ戦から、ヒットだった。右サイドで信じ難いほど頼りになり、アーセナルのポゼッションと守備を支えるうえで不可欠な個になっていった。左右両足でプレーできる能力に加え、我慢強さと決断力の伴った守備は、それまで稀にしか見られなかった安定感をもたらした。1年の後半は負傷に苦しんだが、夏に復帰して、元の状態まで戻れば、来シーズンに向けては大きなポジティブな要素となる」と、今シーズンのパフォーマンスを評価するとともに、来季へさらなる期待を込めている。
3
日本代表ではセンターバックでプレーしながら、アーセナルでは左右のサイドバックで結果を残した冨安。イングランドでも評価を高めた23歳は、来シーズン、どのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月26日 21:55
    • ID:zwdj.j8c0
    • 先ずは故障せずにフルシーズン戦える様になることだよね。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月27日 00:47
    • ID:BdoT9mfy0
    • 1得点っていつしたっけ?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年05月27日 07:39
    • ID:2anDl1pH0
    • 点入れてねーだろ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ