Sponsored Link

ベイルは腰かけ移籍にあらず ロサンゼルスFC共同社長「W杯のためだけではない」

1
ロサンゼルスFCの共同社長を務めるジョン・ソリントン氏がウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)の加入にコメントした。

2021-22シーズン限りでレアル・マドリーと契約切れとなり、今月をもってフリーとなるベイル。現役引退の線が母国のカタール・ワールドカップ(W杯)出場でなくなり、新天地がどこなのか注目される。

母国クラブであるカーディフ・シティとの交渉が取り沙汰されたが、25日にメジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFC入りに向けた合意が複数メディアで報じられ、ベイル自身もSNSでそれを認めた。

あとはクラブからの正式な発表を待つのみの状況というなか、イギリス『スカイ・スポーツ』などによると、ソリントン氏が26日の会見で「具体的な話はポリシーとしてしない」と前置きした上で口を開いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/862da46ca6eff6f1837d8d1aec9744155cdefb0e

W杯のためだけの6カ月というわけでは決してない


2
ウェールズにとって64年ぶりのW杯に向けた腰かけ移籍とも推測されるが、「長期的な関係を望む」とクラブ側の意向を明確にすると、契約の詳細こそ伏せつつ、そうした見方をきっぱりと否定している。

「W杯のためだけの6カ月というわけでは決してない。それよりも長期的な話をずっとしてきたんだ。それはガレスと彼の代理人からも非常に明確だった。ガレスが何かに頭を巡らせたときの優先事項はロサンゼルスFCになるはず。それは間違いないが、我々は彼も他の選手と同じようにW杯が目前という事実を甘く見てはいない」

また、ベイルの到着時期にも話題が及び、「はっきりとした日付は決まっていない」としつつ、デビュー時期も続けている。

「7月上旬に開くウィンドーで登録できるだろう。まだ入国手続きだったり、そのほかの手続きも残っているが、来週から10日ほどで彼とその家族をロサンゼルスに迎え入れられると思う。それから、彼がグループと一緒にスピードアップしてフィットネスを高められるだろう。出場し得る最初の試合は7月8日になるだろうね」
3
8日の試合では同じくロサンゼルスに拠点を置くロサンゼルス・ギャラクシーと対戦。今夏にフリー加入の元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニとともに大物選手として活躍が期待されるベイルだが、アメリカでのキャリアは果たして。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月27日 21:50
    • ID:M0zMy8Wv0
    • 共同経営のゴルフ場でも作るんか
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月28日 12:19
    • ID:zJNJScTm0
    • 新城獲得しろよ無能
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ