Sponsored Link

「できれば日本で引退したい」 来日9年の湘南FWウェリントンに根付く“ジャパニーズ魂”

1
湘南ベルマーレのブラジル人FWウェリントンは、2013年の初来日から9年目のシーズンを迎えた。現在、Jリーグに所属する外国籍選手の中では、セレッソ大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンの14年目、柏のブラジル人FWドウグラスの11年目、横浜F・マリノスのブラジル人DFエドゥアルド、名古屋グランパスのブラジル人MFレオ・シルバ、V・ファーレン長崎のブラジル人FWクリスティアーノ、サガン鳥栖の元韓国代表DFファン・ソッコの10年目に次いで、日本でプレーしていることになる。すでに母国ブラジルよりも長くプレーしている日本に魅了される理由とは――。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a2956e391bf5dd3dceb596bde9df11d95fb7a00c

ウェリントンの日本愛を支えるファクターの1つがサポーターの存在


2
ブラジルの名門インテルナシオナルの下部組織で育ち、トップチームに昇格してプロキャリアをスタートさせたウェリントン。2013年に初来日するまでに、ブラジルで7クラブ、ドイツで2クラブ(ホッフェンハイム、デュッセルドルフ)、オランダで1クラブ(トゥウェンテ)を渡り歩いた。欧州を経験していたことで、日本への適応に悩まずに済んだと振り返る。

「日本の真面目さやしっかりしているところはドイツと似ている部分があって、ドイツでの経験のおかげでギャップをあまり感じず、慣れるのもスムーズだったと思います。日本に来る前は、昔の服装をイメージした反面、テクノロジーは進んでいて、いろんなことが起こるだろうなと予想していました。でも、実際にこの地に来て、文化の違いこそあれど、ほかの国と大きな差はなかったし、国として素晴らしい印象でした」

とりわけ、日本人の真面目さやルール厳守のマインドは、25歳で来日したウェリントンにとっても人生の教訓になったという。

「衝撃を受けたというか、例えば、海外だと信号無視とかルールに関して欠けている部分が少なからずあります。でも、日本はすべてきちんとしていて、改めて自分もしっかりやらないといけないと感じましたし、自分がブラジルに帰った時に日本でやっていることを続けるのが大切だと思いました」

ウェリントンはこれまでJリーグで湘南ベルマーレ(2013~14、21年~)、アビスパ福岡(15~17年)、ヴィッセル神戸(18、19年)と3クラブでプレーしてきた。それぞれのサッカースタイル、街の特徴に思い出があると話す。

「サッカー面で言うと、各クラブに違いを感じました。湘南はすごくダイナミックで激しいサッカーで、それに慣れることも必要でした。福岡はハイボール、ロングボールが多いチームだったので、それに適応することで自分のプレーにも幅が広がりました。神戸はボールを回すサッカーだったので、ポゼッションにも慣れないといけませんでしたが、成長するうえではすごく良かったと思います。

3クラブが拠点とする街で、敢えて1つ選ぶなら、福岡はすごく好きでした。発展している大きな街でありながら、海があったり、自然があったり、レストランやバーベキューできるところがあったり、家族と一緒に出かけられる場所も多くて、居心地が良かった。神戸は外国籍の選手がたくさん住んでいて、住みやすかったですね。子供の学校のこともあって休みが一緒ではなかったりするのでまだ行けてないですが、行ってみたいスポットはたくさんあります。例えば(京都の)金閣寺、竹林が有名な嵐山……、富士山も近くまでは行きましたが、いつか山頂まで登りたいです」

世界的な強豪国のドイツ、オランダのリーグを経験しているウェリントンの目から見ても、日本は欧州リーグと比べても引けは取っていないと映っているのだという。

「Jリーグのレベルは毎年上がっているし、僕自身もダイナミックで速いサッカーが好きです。自分は身長が大きい選手なので、ポジショナルプレーが多くて、エリアの近くでそこまで動かないのが特徴ですけど、日本のサッカーのファンで、やっていて楽しいです。これまで見てきたドイツ、オランダに、日本が負けているとはまったく思いません。技術は日本人選手のほうが高いと思います。欧州が日本よりも勝っている部分があるとすれば、例えばフィジカルの強さ、メンタルの強さはあるかもしれません」

本でのプレーも9年目、「こんなに長くやれるとは思いませんでした」とウェリントンは笑みを浮かべる。

「日本人選手の技術も高かったし、ダイナミックさやスピードについていけるか最初は不安もあったので、今まで続けられているのは嬉しいです。ブラジルの選手に日本のことを聞かれたら、絶対に日本でのプレーを勧めます。2020年はブラジル(ボタフォゴ)にいたんですが、一緒にプレーしていた選手たちに日本での素晴らしい経験の話をしていました。(2021年に)また日本に行くことが決まった時には、彼らから『運転手でもいいから、一緒に連れて行ってくれ』と言われたものです(笑)。例えば、ブラジルは選手たちへのリスペクトは日本ほどなくて、機械のように扱われ、プライベート面ではきちんとした生活を送れないこともあります。日本ではサッカー外でもリスペクトされてすごくいい生活を送れますし、日本は素晴らしい国だといつも言っています」

ウェリントンの日本愛は、サポーターによっても支えられていると明かす。

「湘南でも、福岡でも、神戸でも、自分が日本を大好きになる理由の1つがサポーターの存在です。どこにいてもリスペクトしてもらえたし、応援してもらいました。今でも、違うクラブのサポーターからメッセージが来たり、応援してくれていて、言葉に表せないくらい感謝しています。自分も家族も日本が好きで、ブラジルでプレーしている期間よりも、日本での期間のほうが長いので、できれば日本で引退したいくらいの気持ちはあります」
3
日本のサッカー、サポーター、文化、名所に魅せられ、“もう1つの故郷”とも言える地でウェリントンは今日も戦い続ける。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月28日 00:43
    • ID:.ekk7mep0
    • やっぱり、こういう選手は応援したくなるなぁ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月28日 01:25
    • ID:xP3eh7sv0
    • ありがたいね
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月28日 04:07
    • ID:Gjj11MZ80
    • もし可能であるならば、そうしてもらいたいね。日本にも大分、名前が浸透して来た選手だ。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月28日 06:38
    • ID:C3uGCGXz0
    • 流暢な日本語を話せるから引退後も活躍しそう
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月29日 14:41
    • ID:F9RuS7aP0
    • >ブラジルは選手たちへのリスペクトは日本ほどなくて、機械のように扱われ

      これは意外だったな。サッカーの本場故の厳しい目や批判があるのは当然だけど、だからこそ一目置かれる存在だと思ってた。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ