Sponsored Link

欧州挑戦1年目で“キャリアハイ”――グラスホッパー川辺駿の現在地と新たな気づき「海外では『結果、結果』と言われるけど」

1
欧州海外組とは、イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスという、いわゆる欧州5大リーグにいる選手だけではない。それに準ずるリーグでも虎視眈々と次のステップを狙って、成長を遂げている選手は多い。スイス1部のグラスホッパーで活躍するMF川辺駿もその1人だ。

2021-22シーズンのリーグ終盤の5月上旬、チューリッヒ郊外にあるグラスホッパーのクラブハウスでインタビューを実施。日本メディアからの取材がほとんどないというスイスリーグにおいて、どのような毎日を送っているのか。本人の声とともに短期連載でお送りしていく。

スイスリーグ優勝最多の27回を誇る名門グラスホッパーに入団したのは21年7月。今季34試合に出場し、7ゴール3アシストをマークし、主軸として欠かせない存在となった川辺は、自身の今季をどのように受け止めているのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cad8ff5c73c65a1ee442c64b1af81c07119fd0bf

21年7月からグラスホッパーへ移籍、川辺駿が語る欧州1年目



「ゴール数に関してはキャリアハイで、ゴールに絡めているのはすごく嬉しいです。ラストパスの精度をもう少し上げられたら、もう少しアシストの数も増やせられるかなとは感じています。ただ、まだまだの部分はもちろんありますし、フィジカル的なところはもう少し上げていきたいなと思ってます。あとは監督にもクオリティーをもっと発揮するところを求められます」

「海外では結果を出すことが決定的に大事」なんてよく言われる。ゴールやアシストという結果がマイナスに評価されることはない。監督の志向やチーム状況にももちろんよるものの、欧州サッカーの現場では結果にだけこだわったプレーをする選手を重用する監督は減少傾向にある。

川辺もそのあたりのバランスに悩んだ時期があった。最初は無我夢中のまま進んでいくが、徐々に慣れてくるといろんなことを考えたり、意識したりする。ウインターブレイク後、再スタートから5試合ほどは結果にフォーカスしすぎて、あまり自分のパフォーマンスも良くなかったと明かす。

「海外では『結果、結果』と言われるけど、自分の中では結果だけではなく、まずはチームの一員として、どれだけ走って、戦えて、チームのために何ができるかというのが大切だと思いました。そのうえで試合の中にあるチャンスを生かせるか、というところが大事。冬までの半年はできていたことだったから、そこを思い出してどれだけ90分の中でチームのためにプレーできるかの重要さを感じましたし、そうすることでそこからまた点を取れるようになったんです」

「結果」というのはゴールやアシストという数字だけではなく、「チームが求めるパフォーマンスを出す」という前提がなければならない。それがなければ起用してもらえない。起用されなければゴールやアシストも生まれない。そして川辺がグラスホッパーで中心選手として起用され続けているということは、チームが求めるパフォーマンスを発揮し続けていることを意味する。

「監督が求めるサッカーというのは、言葉が全部分かるわけではないですけど、ビデオとか使って説明してくれますし、理解しているつもりではあります。まずはチームとしてどう戦いたいのかを体現するというのは、試合に出るために、最初の出場時間を手にするために大事だと思います。そこにゴールやアシストという結果も伴えば、チームメイト、チームスタッフからの信頼はさらに感じ取りやすくなるのかなと」

「チームのためにプレーをする」という点で川辺の印象的なプレーを見たのは、今年5月12日に行われた第34節バーゼル(1-1)との一戦。残留争い中のグラスホッパーにとっても、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)予備選出場権争いの渦中にいるバーゼルにとっても勝ち点が必要な試合だった。

前半に上手く先制したグラスホッパーだが、後半32分にMFクリスティアン・ヘルクが2枚目のイエローカードで退場処分となり、リーグ2位バーゼル相手に1人少ない戦いを余儀なくされてしまう。押し込まれ続けながらも凌いでいたなか、守備でミスが重なり後半39分に失点し、結局引き分けに終わった。

「前半ちょっと自分たちが前から行って相手に蹴られて、セカンドボールを相手に拾われる場面が多かったんですけど、拾われてからの守備は良かったと思うし、決定機を自分たちの周りの選手にはやらせなかった。ただ、1人少なくなった状況で、自分たちが勝ってる状況っていうのをコントロールしなきゃだめだった」

強豪相手に終盤1人少ないという難しい状況で、川辺は2ボランチの一角で状況に応じたインテリジェンスの高いプレーを披露し、攻守両面において起点となった。プレーに連続性があり、次の状況を予見しながらのポジショニングに優れている。アクション後、次の動きへの移行が素晴らしく速い。空中戦で競った直後にセカンドボールへと反応するのは簡単ではないが、川辺はスムーズな対応を見せていた。競り合いにも強さを発揮し、2メートル近い相手に身体を入れてボールを奪取。加えて、チャンスと見るやゴール前へと何度も飛び込むなど、持ち味を高いレベルで表現している。

「得点に絡んでいくことが重要だと思うので、守備ではボックスを締めつつ、カウンターでは自分もどんどん出ていかないといけない。そして飛び出した先でのクオリティーというのは自分の持ち味だと思っています」
2
最終節までギリギリの残留争いとなったが、最終的にグラスホッパーは見事残留を果たした。主軸として川辺の果たした貢献は多大だ。さまざまな刺激を受けて、さまざまな経験を積んだ川辺の欧州物語は、まだ始まったばかりだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 12:46
    • ID:pAemC6An0
    • 一年目にしては割とやれている方ですね感心感心
      ただ彼のドリブルは、当たりの強い相手には通用しない点は変わってなさそうですね
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 13:28
    • ID:LXxbBybB0
    • 海外行った瞬間ピタリと代表召集されなくなった事に関してはどう思ってるんだろ?素直に疑問だわ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 15:38
    • ID:.xpG3SDZ0
    • >>2
      ウルヴズの練習参加もあったし
      断ってたんじゃない?
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 15:47
    • ID:aY9.agBF0
    • 代表でなぜ川辺よりも田中碧なのかが理解できない
      広島閥のモリポ川辺なのに
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 16:35
    • ID:P3W1HtSn0
    • >>1
      相変わらず川辺大好きな様ですね
      安心しました





      逆に、おまえ川辺じゃね?
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 17:12
    • ID:vBYPKab80
    • 代表で見てみたいわ
      得点力あるしオプションになる
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 17:24
    • ID:bNv.HEUd0
    • いい記事
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 17:47
    • ID:V.bEg3uX0
    • >>3
      スイス行って以降ウルブスから打診が来る前から代表呼ばれなくなってるけどな
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年06月30日 23:35
    • ID:0kH0zQQS0
    • バッタさんチームに移籍一年目からレギュラー取れたのは大したものだし、結果も出ている。来季は更なる活躍を期待したいね。今期は上位狙って欲しいね。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 12:09
    • ID:f3HX89ws0
    • クラブの評価とサポの評価が違ったりするからな。欧州には「お前らホントにサッカー大国のサポなの?」っていうコメントしている人も多いし。わかりやすい結果出してる選手だけ評価するなら誰でもできるんだよね。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ