Sponsored Link

鹿島の日本代表FW上田綺世、W杯前に欧州へ…サークル・ブルージュとクラブ間合意

1
鹿島アントラーズは7月1日、日本代表FW上田綺世がベルギー1部のサークル・ブルージュに完全移籍することでクラブ間の基本合意に達したことを発表した。

今後は7月2日に離日し、メディカルチェックなどを経て正式契約が結ばれる予定となっている。なお、ベルギーメディア『Nieuwsblad』によると、サークル・ブルージュが鹿島に支払う移籍金は100万ユーロ(約1億4000万円)以上になる模様だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/58c9e026bf1372a5fbf880845df044414d8ea93e

上田綺世のサークル・ブルージュ加入が決定



発表に際し、上田は鹿島のクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「このたび、サークル・ブルージュKSVへ移籍することになりました。世界を見渡した時に決して若いとは言えない自分が、プロサッカー選手として新しい環境に身を置き、成長したいという思いから、この決断をしました。シーズン途中でチームを離れることの意味は、理解しています。決めた以上、結果で示していくしかないことも分かっています。ともに戦った選手、スタッフ、ファン・サポーター、パートナー、地域の方々、すべてのアントラーズファミリーに対し、感謝の思いしかありません。勝利のために必要なプレーを追求していくという、自分が考えるフットボールの本質と向き合い、一瞬一瞬を大切にして、この先も戦っていきます。応援、ありがとうございました」

1998年8月28日生まれの上田は、鹿島アントラーズノルテ(ジュニアユース)、鹿島学園高校を経て、法政大学に進学。2019シーズン途中に法政大サッカー部を退部し、2021年からの加入が内定していた鹿島に前倒しで加入した。ここまで公式戦通算104試合に出場し、47ゴールを記録。4年目の今季は、明治安田生命J1リーグ第18節終了時点で得点ランクトップの10ゴールを挙げている。

世代別の日本代表でもエースとして活躍し、2019年6月のコパ・アメリカ2019でA代表デビュー。2021年夏にはU-24日本代表の一員として東京オリンピックに参加した。A代表ではここまで9キャップを記録。今年11月から開幕するFIFAワールドカップカタール2022の最終メンバー入りに向けて、ベルギーをアピールの舞台に選んだ。
3
サークル・ブルージュは1899年に創設され、3度の1部リーグ優勝、2度の国内カップ優勝を誇る古豪。過去には元鹿島のDF植田直通(現ニーム/フランス2部)も所属していた。なお、日本代表FW南野拓実が加入するフランス1部モナコとは姉妹クラブの関係にある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 12:54
    • ID:wU5dVQpP0
    • 残念だけどこの移籍で上田はカタールメンバー入りから遠のいたな
      まぁ他の長身FWが全然活躍出来なかったりベルギーで無双できるなら取り返し付くけど
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 13:07
    • ID:Ioa4Av6Y0
    • 頑張れ綺世!!
      しょうもないアンチは気にするな!
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 13:09
    • ID:PxVIwaWQ0
    • W杯出たいなら代表でアピールできなかったし、
      海外移籍するならもう余裕のある年齢じゃないからな。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 13:23
    • ID:jXKkCafK0
    • W杯の為に冬まで国内でやるよりプレシーズンからベルギーでやれた方が上田自身の成長には繋がるんじゃないかな
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 13:34
    • ID:Z5FvtyXC0
    • 今1番FWらしいFWだと思っている
      ベルギーで大活躍して日本のエースになって欲しい
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 14:28
    • ID:wU5dVQpP0
    • >>1補足一
      違うんだよなあ…まず森保が選手を実力に準じてちゃんと上から選ぶなんて思ってるのが間違ってる
      上田アンチでもないしむしろ代表の強化よりも上田の選出のことを優先して考えるとこうなるってだけ

      オナイウや川辺や室屋などのここ数年で海外に行った選手達の代表事情から判断するに、森保は当落線上の代表選手の場合、欧州で微妙な活躍をしている選手よりJリーグで大きく活躍してる選手を代表に選ぶ傾向がある。海外行けば呼ばれるなんて幻想ちゃんと森保を見てたら言えないはず。
      例えば川辺なんか海外移籍した瞬間呼ばれなくなったし、仮にベルギーで上田が成長したとしても微妙なリーグの微妙なクラブに行った上田だってそうなる可能性がある。

      そう言うことで後半年Jに留まって上田が成長しなくとも、ベルギーに行って成長した上田よりはカタールに選ばれる確率が高かった。だからワイが上田アンチだからとかではなく根拠を持ってカタールを見据えるなら行くべきではなかったと言いたい。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 14:28
    • ID:wU5dVQpP0
    • >>1補足二
      更に逆風なことにe1がある。これに出れれば上田にとって追い風だったが出れない以上、別のFWを試すだろう。今は細谷だの町野だの長身FWで活躍してる選手が多く彼らがe1で活躍したらスピード枠とは違うCF長身枠として欧州遠征にも抜擢される事も考えられる。その時外れるのは代表で点を決めてない上田。もし上田がe1に出たら弱い相手に適当に点決めるだけでその可能性を潰せたのに……

      もういっちょ言うとまだ森保内でCF序列一位は調子が戻った場合の大迫から変動してない。大きな決断ができない森保に同じ枠を争う上田を選ばせるには圧倒的な数字の差を見せつける必要があった。だけど移籍した事でその数字の比較がぼやけたし、ベルギーで多少活躍した程度じゃ勢いがなくなったとされるし、もう上田の勝ち目は結構消えちゃってる。

      それでもベルギー移籍を選んだ以上、ここから這い上がってカタールに選ばれるには非常に困難な道が待ってる。具体的に言うとベルギーで得点王争いに絡む活躍が出来ないならほぼ無理だと思った方がいい(もしくはJの長身FW陣がみんなダメダメで消去法で選ばれることを祈るか)。だけどこの困難を乗り越えたら上田も、代表も今より1段も2段も強いチームになれると思うから本当に、本当に頑張ってくれ〜〜!!
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月01日 19:37
    • ID:67RYRbwm0
    • 長い。誰も読まない。3行で纏めろよ。
      森保に誰も期待してない。上田を使える発想が無いんだから。
      上田はJでやる事はもう無いだろ。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ