Sponsored Link

「クボは焦っている」 レアル・ソシエダ移籍交渉が難航…久保建英の“去就シナリオ”に現地注目

1
日本代表MF久保建英の新天地にスペイン1部レアル・ソシエダが浮上しているなか、獲得条件を巡り、保有元であるレアル・マドリード側との交渉が難航している。現地メディアは「クボは焦っている」とし、新天地でプレシーズンのスタートを迎えたい選手側の動向に注目している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a53273cc3e136d9c3be06aaeed4e2d3aeac310e8

獲得条件を巡り、保有元であるレアルとソシエダの思惑が平行線を辿る


2
マジョルカでのレンタルシーズン(2021-22)を終えた久保は形式上、保有元のレアルへ復帰する形となるが、来季の所属先は不透明。今季のパフォーマンスではレアルの首脳陣を納得させるものにはほど遠く、さらに、外国籍枠が埋まっていることもあり、来季レアルでも“居場所なし”との見方がされている。

そんな久保に対し、ソシエダが獲得オファーを提示したと報じられているが、レアル側との交渉は難航中。レンタルでの移籍、または、買い戻しオプション付きの移籍しか認めないレアルに対して、ソシエダは完全移籍での買取を強く望んでいるという。

レアルの専門メディア「BERNABEU DIGITAL」は、スペインのラジオ「El Larguero」を情報源として「クボは新チームでのプレシーズンの開始を希望している。バルデベバス(レアルの練習施設)には7月8日に到着する予定だが、それ以前に自分の将来を決めたいと考えている」と、選手側の動向を伝えている。

そのうえで、「現在、レアル・ソシエダが獲得に乗り出しており、本人はマドリードを経由せず直接サン・セバスティアンに移籍する意向だという。しかし、マドリードとサン・セバスティアンはまずその違いを解消しなければならないし、クボは焦っている」と報道。
3
新シーズンに向けた始動が迫るなか、久保の去就先を巡る動向は、無事に解決へと向かうのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月02日 14:00
    • ID:7EHSthaL0
    • ヘイニエル、ベリンガム、マテウス、久保よりEU圏外枠使いたい人いてどうせ後回しなんだからレアルは売った方がお互い得だろうに。
      レンタルじゃ移籍先も育てる気にならないしいいことないから、ソシエダが飲むだろう多少高額な買戻しオプションつけて売るのが皆んなハッピーだわ。レンタルや安値買戻しじゃウーデゴールのこともあったし成立するわけない。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月02日 14:22
    • ID:bjwqtP1g0
    • >>1ペレスは久保でまだひとアオリできると思っている
      と俺はふんでる
      ハキミとかすぐ手放したくせにな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月02日 15:22
    • ID:cQDLto9u0
    • まあまだ今月21なったばかりだし。レアルの期待もわかる
      ヴィニだってフィニッシュ劇的に改善する前は放出候補だったし
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ