Sponsored Link

セルティックがジョタの買取を発表!古橋亨梧についても言及「アメージングな選手で、動きはワールドクラス」

1
セルティックは、ジョタの買取オプションを行使したことを発表した。

昨夏にベンフィカからセルティックに期限付きで加入したジョタ。すると、古橋亨梧ら擁する前線の一員として公式戦40試合で13ゴール14アシストを記録してスコティッシュ・プレミアシップとリーグカップの優勝に大きく貢献した。

この活躍を受け、セルティックがジョタの買取オプションを行使することは確実と考えられており、予てから合意に近づくと報じられてきた。そして1日、双方が2027年までの5年契約を結んだことが発表された。なお、イギリス『スカイスポーツ』によると、買取金額は650万ポンド(約11億円)になり、さらに将来的な移籍金の一部をベンフィカが受け取る条項も加えられたようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/38edf5cb96957e69b3ae167ec4384cf8dfaeead7

セルティックがジョタを買取OP行使で獲得



セルティックに完全移籍することが決まったジョタは「ここに残ることができて本当に幸せで、さらに成長できることを楽しみにしている。昨年経験できたことはアメージングで、この決断を下すことは簡単だった」と話し、チャンピオンズリーグへの思いを続けた。

「チャンピオンズリーグはおそらく、世界一のクラブの大会で、もちろんこれは選手を魅了するもので、僕も例外ではない。みんなが僕にこう言い続けていた。“ジョタ、(チャンピオンズリーグは)とてもスペシャルなものだから、君はセルティックに残ったほうがいい”とね」

さらに、ジョタは会見の中で古橋についても言及。その様子を『67 Hail Hail』が伝えている。

「キョウゴはアメージングな選手で、彼の動きはワールドクラスだ。彼のような動きのできる選手が世界にたくさんいるのかどうかは定かではない。でも僕はたくさんのクオリティのあるストライカーを見てきた。だから、キョウゴと一緒のチームにいることは助けになる。もちろん、キョウゴだけではなく、すべてのポジションにたくさんのクオリティがこのチームにはあると思う」

ポルトガル出身のジョタは、07年にベンフィカの育成組織に入団。17年にベンフィカBでプロデビューを果たし、18年にトップチームに昇格した。20年にはバリャドリーにレンタル移籍。セルティックには21年に買取オプション付きの期限付き移籍で加入していた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月02日 23:39
    • ID:O7TGorLh0
    • ポルトガルのジョージ・マイケル。好い選手だよね。オールラウンダーとして観れば現在のセルティックでNo.1の実力者だと思う。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月03日 05:16
    • ID:2vfevGaU0
    • ジョタならプレミア中下位とか行くかと思ってたけど、CL目標ならそりゃセルティックだよな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月03日 07:33
    • ID:lj2G9QUq0
    • セルティックで終わってはいけない選手
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月10日 12:41
    • ID:p9lAcHuF0
    • キヨゴもすごいけど、ジョタの方がすごいと思う。セルティックはジョタが居ないと前田やギアクマキスがほとんど機能しない。
      攻撃センスがキヨゴ同様、世界レベルでも超一流。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ