Sponsored Link

ボルシアMGのファルケ監督が板倉に「ポリバレント」と期待 初のドイツ1部挑戦へ、適応期間も約束

1
サッカーのドイツ1部ボルシアMGのダニエル・ファルケ監督(45)がイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーから獲得した日本代表DF板倉滉(25)に十分な適応期間を与える考えを示した。

ドイツ紙ビルトが3日、板倉獲得に関する指揮官の反応を紹介。ドイツ1部初挑戦となる期待の新戦力に関し「1部の常連クラブでプレーするのは2部とは異なる。レベルを上げなければいけない。しかし、彼には適応期間を与える。我々は(成功を)確信している」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/40242b676d8ea8abda9f95574dcad4adc1b8e438

合宿で適性ポジションを見極めていく方針



17~21年にプレミアリーグのノリッジを率いた指揮官は、19年1月に川崎FからマンチェスターCに加入し、オランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍した板倉に注目していたことを告白。「(マンチェスターC監督の)ペップ・グアルディオラと親しかったしね」。シャルケをドイツ2部から1部に引き上げる原動力となった昨季を振り返り「コウは素晴らしい選手。シャルケで印象深い活躍を見せて素晴らしいシーズンを過ごし、成長を遂げた」と称賛。「多くのポジションでプレーが可能なポリバレントな選手。中盤やセンターバック、3バックも対応できる」と続けた。

地元メディアではボランチでの起用が報じられているが「チームにとって彼の最適ポジションでプレーしてもらう」と4日からドイツ南部テガーンゼーで始まる合宿で適性ポジションを見極めていく方針を示した。

コミュニケーション能力に関しても「問題はない。コウが既にドイツのサッカーと言葉を多少理解していることは我々にとっても重要なポイント。たくさんのドイツ語を理解する。完璧な英語も話すしね」と不安を一蹴。昨季の10位からリーグ戦上位進出へ巻き返しを期す中、大きな期待を寄せた。
2
なお、板倉は4日に現地で入団会見を行う予定だという。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 16:54
    • ID:KklEjGhf0
    • もしボランチやるなら、代表でも遠藤の代わりにボランチやってほしい
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 17:18
    • ID:WengC6.V0
    • 2年後の板倉が楽しみになるクラブに加入したね
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 18:34
    • ID:2mYYFD2U0
    • 板倉はどこに行ってもそこそこやれそう
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 18:36
    • ID:UYC.2xG60
    • まだBMGで成功した日本人おらんからここで成功例になって欲しい
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 18:39
    • ID:BeJ3qHpN0
    • これから始まる合宿と練習試合が楽しみだね。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 18:46
    • ID:UDhc9Tz00
    • 冨安で感覚がおかしくなってるけど
      それを除いて年齢を考慮すれば日本人最高峰だよな
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 18:56
    • ID:1tMt9mRE0
    • まあ恐らくはCBでの起用に落ち着くとは思うが、ブンデス一部でボランチとして通用したらだいぶすごい。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 21:26
    • ID:vg1o4LST0
    • 板倉、冨安、伊藤が同時に出てきる奇跡
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ