Sponsored Link

南野はモナコでポジションを確保できるのか フォラント、ベン・イェデル、さらにエンボロ獲得案も

1
リヴァプールから日本代表FW南野拓実を迎えたASモナコだが、まだまだ動きは止まりそうにない。

仏『Foot Mercato』は「タクミ・ミナミノの補強を確定させたが、モナコはまだアタッカーの補強を終えていない。現在モナコは、ブリール・エンボロに照準を合わせている」と伝える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c164b63021ac75d2048d3d8c769b010a73eacc3

スイス代表の中心選手であるエンボロ


2
ドイツのボルシアMGでプレイする25歳のエンボロはスイス代表の主力アタッカーであり、高い身体能力を武器とする大型FWだ。センターフォワードに加えてワイドな位置でもプレイ可能で、昨季はブンデスリーガで9ゴール3アシストを記録。クラブとの契約は残り1年となっており、そこにモナコが目をつけた格好だ。

南野をどの位置で起用するかによってライバルも変わってくるが、エンボロまで加わればケビン・フォラント、21歳と若いマイロン・ボアドゥ、絶対的エースのウィサム・ベン・イェデルなど、なかなかクオリティの高い陣容が揃う。南野のポジションも保証されているわけではないだろう。

目立った結果は出ていないが、ワイドな位置では23歳のセネガル代表FWクレピン・ディアッタ、ジェルソン・マルティンス、ロシア代表のアレクサンドル・ゴロビンといった選手もいる。もちろんエンボロをワイドな位置に回すプランもあるだろう。

昨季を3位で終えたモナコにはチャンピオンズリーグ本大会出場のチャンスもあり、新シーズンへ向けて戦力補強は必須だ。南野もそのピースの1つと評価されたわけだが、顔ぶれやモナコの動きを見る限り競争は避けられそうにない。フランスの地でも楽な戦いとはならず、状況次第ではポジションを失うシナリオもあり得るだろう。
3
現在日本でバカンス中の南野は、チームがポルトガルにキャンプ地を移した8日頃に合流予定だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 20:13
    • ID:6QMAvv4o0
    • エンボロってかなりのスペだぞ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 20:23
    • ID:WengC6.V0
    • ってかセンターハーフどうすんだよ?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 20:42
    • ID:.9WdotBe0
    • フォラントにはかなわないと思うけど、エンボロよりかは南野のほうがいいわ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 21:05
    • ID:5nuwcg4k0
    • リバポと同じように控えの便利屋にされそう
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 21:41
    • ID:uEsSG9s20
    • ドリブルで相手を剥がせない南野がリーグ・アンで輝くとは思えないんだよなぁ。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月05日 13:20
    • ID:xWTefH2c0
    • エンボロは強いけど下手だからな、サッカー脳も悪い。ロストもどきのタッチを南野が拾って二次攻撃作戦、という上位っぽくない攻撃になりそう。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ