Sponsored Link

V・ペルシー超えて“オランダ代表最多得点FW”も狙えるのに…デパイはメガクラブで成功できないのか

1
FWロビン・ファン・ペルシーが持つオランダ代表歴代最多得点記録(50ゴール)まで残り8ゴール。偉大なる記録を射程圏内に捉えているのがFWメンフィス・デパイである。

驚異的なのはそのペースで、これまでオランダ代表では80試合で42ゴールを挙げている。1試合平均得点率は0.53点となっており、これは102試合で50ゴールのファン・ペルシーをも上回るペースだ(0.49点)。

デパイがオランダにとって特別なフットボーラーなのは間違いないが、クラブの方ではほろ苦いキャリアを過ごしている選手でもある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/59f05548a736f87de8801312c13a4dd894b7a6fb

マンUに続いてバルサでも大成功とはなっていない


2
1度目のビッグクラブ挑戦となった2015年のマンチェスター・ユナイテッド移籍は大失敗に終わり、その後移籍したフランスのリヨンで華麗に復活。そして昨夏に満を持してバルセロナへ移籍したのだが、バルセロナはリオネル・メッシ退団で混乱。シーズン途中にはオランダ代表でも仕事をともにしていたロナルド・クーマンが去るなど、デパイにとっては苦い1年目となった。

さらに英『Daily Mail』はバルセロナがオファー次第で今夏にデパイを手放す考えがあると伝えており、昨季途中より指揮するシャビ・エルナンデスの構想に入り切れていないところがある。

痛かったのは、今年の冬に怪我で離脱していた期間があったことか。その間にフェラン・トーレス、ピエール・エメリク・オバメヤンといったアタッカーがチームに加わり、デパイは後半戦に出遅れた。前半戦はチームの軸だったが、後半戦では出番も減ってしまった。

バルセロナには若いアンス・ファティもおり、さらにバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキも粘り強く狙い続けている。デパイにとっては厳しいバトルだ。

オランダ代表通算得点ランク2位につけるデパイだが、代表の方で獲得したリーグタイトルはPSV時代の1度のみ。リヨンでもリーグカップは獲ったが、やや寂しいクラブキャリアだ。ビッグクラブの主役となるだけの実力と得点力はあるはずだが、マンU移籍もバルセロナ移籍もどこかタイミングが合わなかったところがある。
3
28歳と中堅世代に入っているが、デパイがビッグクラブで真の輝きを放つ日はくるのか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 19:04
    • ID:.p1TtQWk0
    • 僕は純粋にデカパイのほうが好きですね
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 19:05
    • ID:A9ij.ptR0
    • そりゃダメクラブからダメクラブへ移籍しても成功できなくて当然だろ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 20:00
    • ID:LhoGE0Uj0
    • >>1それを聞いたデパイの顔が3枚めの写真である なんと悲壮感に満ち溢れた顔であろうか 
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月04日 20:13
    • ID:FNGH0Nlf0
    • クラブ選びが下手なんよ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月05日 12:14
    • ID:RO8yVSeq0
    • バルサ時代とか見てないけど、ユナイテッド時代は移籍前に武器にしてたドリブルがプレミアで通じず、カットインしてシュートなど狙えてなかった
      セットプレーも騒がれてたけど、ユナイテッド時代は枠に飛ぶ気配が無かった...
      気候や文化が合わないと活躍できないタイプかもね
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ