Sponsored Link

期待外れに終わったヨビッチ、レアルが50%の権利保有でフィオレンティーナにフリーで移籍

1
レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(24)の移籍問題が解決したようだ。スペイン『アス』が報じた。

ツルヴェナ・ズヴェズダでキャリアをスタートしたヨビッチは、ベンフィカ、フランクフルトを経て、2019年7月にマドリーへと加入した。

移籍金は6300万ユーロ(約89億6000万円)、6年契約を結び、年齢も相まって大きな期待が寄せられていた。

しかし、全く期待に応えることができず、2021年1月からは半年間古巣のフランクフルトへレンタル移籍。マドリーでは51試合で3ゴール5アシストと屈辱的な成績に終わっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/abee063e2aa1cf871847c2ba42c73cef559fc23d

フィオレンティーナにフリーで移籍させるということで合意か


2
クラブもヨビッチに見切りをつけ、放出要員とすると、フィオレンティーナが興味を持つことに。交渉が進む中、最終的には複雑な条件の下で合意に至ったようだ。

フィオレンティーナは当初レンタル移籍で交渉をスタート。しかし、今夏の移籍市場から国際サッカー連盟(FIFA)がレンタル移籍させる選手の人数に制限をかけることを決め上限が8人に。ビッグクラブになればなるほど、チャンスがない若手を大量にレンタル移籍させて価値を上げ、チームに引き戻すか売却するという状況が起こっていたことを抑制するためだとされている。

そのため、マドリーはレンタル移籍の枠を使いたくなく、ヨビッチを早く手放したい意向があり、交渉が進展。最終的にはマドリーが選手の保有権の50%を持ちながら、フィオレンティーナにフリーで移籍させるということで合意したという。なお、ヨビッチの将来の移籍金の50%をマドリーが受け取ることとなる。
3
『アス』によれば、ヨビッチは2年契約+2年間の延長オプションが付く契約を結ぶとのこと。年俸は250万ユーロ(約3億6000万円)をもらい、契約が延長となった場合は500万ユーロ(約7億2000万円)に倍増する契約だという。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月05日 19:08
    • ID:05KIk3Ku0
    • ヨビッチ父「選手の成長が第一!出場機会が確保できないチームには行かせない!」

      値段釣り上げのための詭弁でしたとさ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月05日 19:12
    • ID:C8PcGf9A0
    • 能力はあるんだろうけど活躍できる環境が限られるインモービレみたいなタイプに思える
      本人も言語の問題が大きかったと言ってたし
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月05日 20:08
    • ID:O.vhh4Cl0
    • この頃のフランクフルトのFW錬金術はすさまじかったねぇ。レビッチを30億でおまけにシウヴァをゲット、そのシウヴァも同額で売るとかえぐい。ヨビッチにハラー、4人で150億越え。すごかったけど、ボビッチはヘルタじゃまるでだめだったからわからないもんだね。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月05日 21:13
    • ID:qnA.S2kD0
    • アンチェロッティの中での序列はマリアーノより下だったから仕方ないな
      古いボックスストライカータイプだから、合うクラブに行けば活躍できそう
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月05日 22:29
    • ID:0RQJZXCu0
    • 一時的にフランクに戻った時でも大して活躍出来なかったから扱いが難しいFWなんだろうな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年07月06日 13:45
    • ID:k0E7P3zN0
    • レアルってクラブでの活躍はほんと難しいな
      パーソナリティーがある選手じゃないとすぐに弾かれる

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ