Sponsored Link

「私は巨大なクラブにいる」セルティック指揮官ポステコグルー、プレミア行きは眼中になし!11月の母国凱旋へ胸を膨らませる

1
セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、自身の報道に言及した。英紙『The Sun』のスコットランド版が9月21日付けで伝えている。

ポステコグルー監督は昨夏、横浜F・マリノスでの手腕が評価され、引き抜かれる形でスコットランド屈指の名門へ。すると、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介の日本人4選手とともに、圧倒的な強さで宿敵レンジャーズから覇権奪回を果たし、一躍世界に知られる存在となった。セルティックは今シーズンも好調を維持し、リーグ首位につけている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4788998cbdb0fcdfa5d87a42b628f5c38e2de54f

母国オーストラリアに帰国中のポステコグルー監督。自身の去就に言及した


2
赤丸急上昇中のオーストラリア人指揮官を巡っては、プレミアリーグ行きの噂が絶えない。最近では最下位に沈むレスターを率いる、ブレンダン・ロジャースの後任候補として名が挙がっているが、当の本人は「私のレーダーにはかかっていない」と否定している。

「今、私は巨大なサッカークラブにいるんだ。夢に生き、その1分1秒を楽しんでいる。ここにいる間にできる限りの成功を収めようと決意している」

セルティックはカタール・ワールドカップが開かれる11月、シドニーFC、エバートンとともにシドニー・スーパーカップに参戦する。現在は同大会のプロモーション活動のために母国へ帰国中のポステコグルー監督は、現地のセルティックファンが、自身の「里帰り」と銘打たれたこのイベントに参加することを期待している。

「オーストラリアには多くのサポーターがいる。オーストラリア人の監督が指揮を執るというのは、私にとっても大変光栄だ。それにプレミアリーグの素晴らしい相手との対戦はグレードだ。エバートンのようなビッグクラブとやれるなんて素晴らしい経験になる。プレミアリーグへの注目度の高さは周知の事実だ。誰もがこの機会に興奮している」
3
ポステコグルー監督の目に映っているのは、あくまでセルティックのみで、プレミアリーグ側に回ることは眼中にないようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年09月22日 17:25
    • ID:RE.Sgy7L0
    • 横浜も招待してくれたらよかったのに
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年09月22日 18:02
    • ID:6wfqcKHd0
    • ワールドカップ期間中なんで、どのチームも主力選手が抜けた状態の2軍ですよね...
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年09月22日 18:04
    • ID:gi3hgoN00
    • 井手口はオーストラリアにいくのかな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年09月22日 18:55
    • ID:vBNDq3FD0
    • セルティックでCLの決勝T進出が見たい
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2022年09月23日 04:37
    • ID:jIaT95wZ0
    • セルティックというクラブの監督をしている誇りと責任を感じる。
      どこぞの誰かみたいに好調なのにリーグ途中で同じリーグの別クラブへトンズラする奴とは大違い。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ