Sponsored Link

シティ主力DFのピアノが「うますぎる」 優しい音色の演奏にファン感涙「泣きそう」

1
イングランド1部マンチェスター・シティが公式SNSを更新。2月18日に誕生日を迎えたオランダ代表DFネイサン・アケが、ピアノを演奏する様子を公開すると、ファンからは「泣きそうになった」「めっちゃうまい」と話題を呼んでいる。

29歳のアケは、チェルシーでプロキャリアをスタートさせると、レディング、ワトフォード、ボーンマスを経て、2020年にシティに加入。厳しい競争に晒され在籍1、2年目こそ出場時間を伸ばせない時期が続いたが、昨季はセンターバックや左サイドバックとして出番を掴み、リーグ戦26試合1ゴールを記録。そしてシーズン開幕前の昨年7月29日、クラブはアケと新たに4年契約を結んだことを公表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8137fa59ad2f96a96467ae5d3cbe3bba05521af9

そんななか、シティ公式インスタグラムが「誕生日の少年による日曜日のバイブス」と綴り、18日に29歳の誕生日を迎えたアケがピアノを演奏する様子を公開。投稿には「アジアプレシーズンツアー2023」と記載があり、シーズン前に撮影されたとみられる。



アケの優しい音色の演奏にファンからは「泣きそうになった」「うますぎる」「感動する」「イケメンすぎる」「優しい音で心落ち着く」「まじか凄すぎる」「びっくりするほどかっこいい」と、さまざまなコメントが寄せられている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年02月21日 13:47
    • ID:L1H7K2lU0
    • アケかわええ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ