Sponsored Link

橋岡大樹がデビューのルートン、FA杯でマンCに2-6で敗戦。ハーランドに5ゴールを奪われる

1
現地時間2月27日に開催されたFAカップの5回戦で、橋岡大樹が所属するルートンはホームでマンチェスター・シティと対戦した。

今冬に加入した橋岡が移籍後初のベンチ入りを果たしたルートンは、開始早々にいきなり先制を許す。4分、デ・ブライネのマイナスの折り返しからハーランドにダイレクトシュートを叩き込まれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce33a108c2ffa5885e877554bdca3bd2b246ea54

橋岡大樹は待望の移籍後初出場



18分には、再びデ・ブライネの見事なスルーパスに抜け出したハーランドに冷静に流し込まれて、追加点を奪われる。

さらに40分、またしてもデ・ブライネのラストパスをもらったハーランドに絶妙なループでネットを揺らされて、ハットトリックを決められた。

劣勢のルートンは45分、クラークがペナルティエリア手前の中央から右足を一閃。鋭いミドルを叩き込んで1点を返した。このまま1-3で前半を終える。

後半に入り49分、ルートンはストーンズのラストパスからヌネスに決定機を与えるも、GKクルルの好守で凌いだ。

52分、GKオルテガのパスミスを拾ったバークリーの浮き球パスに反応したクラークが、ワントラップから右足のボレーを叩き込んで1点差に詰め寄る。

それでも55分、デ・ブライネのお膳立てからハーランドにゴールを許すと、その3分後にもハーランドに左足の強烈な一撃を突き刺さされた。

ルートンは62分、オグベニーに代わって橋岡を投入。橋岡は3-4-2-1の右ウイングバックに入り、待望の新天地デビューを飾った。

しかし72分には、コバチッチに鮮やかミドルシュートを突きさされて6点目を許した。

その後、スコアボードは動かず、試合はこのまま2-6で終了。

敗れたルートンは次戦、3月2日にプレミアリーグでアストン・ビラと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年02月28日 08:46
    • ID:L.4..tEQ0
    • とりあえずデ・ブライネハーランドのラインがヤバすぎた

      橋岡はデビューできてよかった。マッチアップがドクだから苦戦はしたけど、スピードに乗る前なら上手く潰せてたと思う
      コバチッチのミドルももう少し詰めたかったけど、そもそもオールコートマンツーで他の味方がマーク外されてたから厳しかったかな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年02月28日 15:58
    • ID:.H0F06ni0
    • 1-3ということにはならんか…?
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ