Sponsored Link

「ジダンはクボにクオリティを発揮する機会を与えなかった」96億円でプレミア勢が狙う久保建英、放出したマドリーをスペインメディアが批判

1
レアル・ソシエダで躍動する久保建英には、プレミアリーグのアーセナルやニューカッスルが関心を示していると取り沙汰されている。6000万ユーロ(約96億円)の契約解除金を払うのに前向きとも言われている。

そんななか、スペインメディアの『don balon』は、「彼はジダンが獲得した。レアル・マドリーがバルサから強奪したスターはアーセナルかニューカッスルに行く可能性がある。首都では彼が輝く機会はなかった」と見出しを打った記事を掲載。久保を3シーズンに渡って保有しながら、1分もプレーさせずにソシエダに売却したマドリーに苦言を呈している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e768b610b0f67b08857844a67edde04cac67900b

「欧州で最も違いを作れるウイングになった」


2
同メディアは「過去10年間、レアル・マドリーとバルサは大きな期待が掛けられていた様々な若手選手の獲得を巡って争ってきた。昨夏のアルダ・ギュレルがその最新例で、過去にはクボを巡ってスペインの2大巨頭が争った」と綴っている。

「忘れてはいけないのは、この日本代表選手は2011年から2015年にかけてバルサの下部組織にいたということだが、バルセロナがこのプロジェクトにおいて彼を重要なポジションに据えようと本格的に検討したのは2019年だった。しかし、レアル・マドリーの提案が最終的にこの選手にとってより説得力のあるものとなったが、すぐにこれは誤った決定となった」

記事は「(当時の監督だった)ジネディーヌ・ジダンがマドリーのプロジェクトの指揮を執っていたため、クボにはその幅広い攻撃的クオリティを発揮する機会が与えられなかった。そのため、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェ、そして再びマジョルカへのレンタル移籍を繰り返した」と指摘。こう続けた。

「しかし、日本人が移籍市場で大きな注目株の一つになれたのは、これらのクラブではなく、レアル・ソシエダだ。イマノル・アルグアシル監督はジダンにはなかった信頼を久保に与え、そのおかげで彼はヨーロッパで最も違いを作れるウイングの一人になれた。それがニューカッスルとアーセナルのようなイングランドのチームが彼の獲得交渉に応じる姿勢を示した理由である」

そして、「これら2つの目的地を見ると、プロジェクトによって生み出された興奮を考えれば、(アーセナルの)エミレーツスタジアムに着陸する方がはるかに魅力的に思えるが、ロンドンではブカヨ・サカのような偉大な競争相手に直面することになる。もちろん、かつてバルサに所属し、レアル・マドリーで失敗し、今やスターとなった選手が引き起こしたこのメロドラマは、来年の夏まで解決しないだろう」と締め括っている。
3
マドリーは半額の3000万ユーロで獲得する権利を有しているが、果たして再獲得に動くだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 08:50
    • ID:UDudNZD90
    • 今の久保ならチャンスくらいは与えてもらえてたかもしれんが
      当時の久保にあのメンツの中で活躍しろって無理だっただろうに
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 08:52
    • ID:EVegv0TX0
    • 一応ジダンは残留を希望してたみたいだけどね
      ただ、ジダンの元ではここまで成ってはいなかっただろう
      若手に何かを仕込む監督ではなく、ベテランと上手くやることに重きを置く監督だし
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 09:25
    • ID:05h8M.cS0
    • もうリーガでのステップアップは現実的に不可能だからプレミア行けるなら行って欲しいな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 09:51
    • ID:soCfL6e10
    • 1年目のマジョルカは、守備強度が低いから前残りのカウンター要員の特殊戦術
      2年目はビジャレアルの絶対的エースモレノとポジションかぶって右SHや左SH、IHやったけど守備の強度の低さと不安定なパスでカップ戦要員、ヘタフェでも守備強度の低さから控え
      3年目のマジョルカは、前半から中盤くらいまでは、そこそこのプレイしてたけど、後半ガス欠して守備の強度も不足してドリブルのキレもなくなって控え。
      4年目のソシエダでやっと活躍。5年目の今大暴れ。

      結局、レアルが保有権持ってた時の久保のレベルだとベンチに入るのがやっとで試合なんか出れん。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 09:52
    • ID:soCfL6e10
    • 2ジダンは若手を育てない?
      バルベルデ、ロドリゴもヴィニもジダンの時から出てたし、ロドリゴなんてCLPSG戦でFK務めてたけどなw
      知ったかぶりせずに調べようなw
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 10:03
    • ID:QC9o.5q60
    • エンバペ ハーランド 久保建英の並びに5年後にはなってるだろ
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 10:17
    • ID:N5W943.g0
    • 久保に年1億円の価値もないと切り捨てたバルサに比べたらまぁ
      レアルは少なくとも買った額より高く売れてるわけだし
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 10:24
    • ID:EnYALrqG0
    • ジダン時代のことを持ち出すのはナンセンスだよな
      当時と今じゃ久保の実力自体が違うわけだし、レアルはそもそも選手を育成するクラブじゃなく完成品を買ってくるクラブ(その方がリスクが少ない)
      あとよく誤解してる人いるけど、バルサも(特に攻撃陣は)基本的に外注
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 10:38
    • ID:bRH7eHpM0
    • 当時は外国人枠が空かなかったから仕方ない
      何故かソシエダに移籍したタイミングで全部空いたけどね
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 10:42
    • ID:t43OU9Af0
    • バルサから強奪した時点で大成功なんだよな
      久保に賭ける必要もなく成功してるんだから批判される筋合いはない
      現時点でもどう転んでも大儲けだし、うまいことやってるよ
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 12:34
    • ID:WQczw.Zu0
    • レアルはある意味で育てた気がするが、、、。保有権も半分あるし
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 15:45
    • ID:ufsWNOpR0
    • >>1
      0円で買って6000万ユーロで売れたらそのうちの半分を手に入れられる
      マドリーは得しかしてないんだよなw

      この無名の記事であーだこーだ言われるのはバルセロナであってマドリーは相変わらず敏腕だし抜け目ないよ
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 15:48
    • ID:9KHg1vpC0
    • 世界中いつでもどこからでも選手を取ってこれるマドリーに永遠の外国人枠で所属するのは難易度が高い
      ブラジル人は3年あればスペイン国籍を取れるしEU国籍があれば転売も有利になるが、そうはいかないからな
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 18:28
    • ID:q8iuwAqy0
    • >エンバペ ハーランド 久保建英の並びに5年後にはなってるだろ

      二人とあまりにも実力差があり過ぎて、笑いも出てこないわ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 19:00
    • ID:QC9o.5q60
    • 29歳でスペイン人になるのも良いね
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ