Sponsored Link

“幻”決勝ゴール コパデルレイ敗退のレアル・ソシエダ、試合後3Dテクノロジーによりゴール認められる

1
2月27日に行われたコパデルレイ準決勝2ndレグ、レアル・ソシエダ vsマジョルカの一戦は、PK戦の末マジョルカが決勝進出を決めた。

試合後、最も議論の対象となったのは延長95分のシーンだろう。ミケル・メリーノのヘディングシュートがライン上でブロックされ、そのこぼれ球をゴール前でフリーになっていたキーラン・ティアニーが左足ダイレクトボレーで狙うも、再びDFサム・コスタがライン上ギリギリでクリアした。

主審のヒル・マンサーノはレアル・ソシエダのメリーノに「ボールがゴールラインを確実に割ったということを知るすべがない」と伝え、ノーゴールと判定し、ゴールキックからの再開となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad62a2e342a6a0d1660e8b7ae06428f828f99a28

問題となった“幻”ゴールシーン



スペイン『Mundo Deportivo』によると、試合後、3D技術によりサム・コスタがティアニーのシュートを肩でブッロクする直前にボールがゴールラインを完全に超えていることが証明され、ゴールが認められるべきであったと伝えている。

また、コパデルレイ、ラ・リーガではゴールラインテクノロジー(ボールがゴールラインを完全に超えた際に主審の時計にシグナルを送るシステム)の導入を行なっておらず、同システムを使用しているUEFAチャンピオンズリーグであれば、ティアニーのシュートはゴールと判定されていたという。

なお、ゴールラインテクノロジー導入には400万ユーロ(約6億4000万円)の予算がかかるといい、同紙はスペインサッカー連盟がその額を出し渋ったことにより起きた事象ではないかと指摘している。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 13:16
    • ID:oud6NiL30
    • 結局ゴールは認められていないだろ。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 16:16
    • ID:9Mm4IaBE0
    • 結果が覆らんのだから慰めにもならんな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 16:25
    • ID:Soxf.d980
    • アレが認められてどんでん返しが起きたのかと思ったわ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月02日 00:23
    • ID:WuQF2ai00
    • 誤審ミス認めても反映されなきゃなんの意味もないわ
      何度目だよ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ