Sponsored Link

アスレティック・ビルバオ、アトレティコ相手に衝撃の4-0勝利で国王杯決勝へ!40年ぶり優勝目指してマジョルカと対戦

1
28日のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグ、サン・マメスを舞台としたアスレティック・ビルバオ対アトレティコ・マドリーは3-0でアスレティックの勝利で終了。2戦合計4-0としたアスレティックが、3シーズンぶりの決勝進出を果たしている。

シビタス・メトロポリターノでのファーストレグではアスレティックが1-0の勝利を収め、アトレティコは1年ぶりに要塞とされる同スタジアムで敗北を喫した。そしてこのセカンドレグ、アスレティックは今季ラ・リーガ第1節レアル・マドリー戦に敗れて以降、無敗(13勝2分け)を貫いているサン・マメスでアトレティコの奇跡を許さず。「アスレーーーティ!」の掛け声から始まるイムノが圧倒的雰囲気を生み出す、こちらの要塞が落ちることはなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c05c81f5862ba2c61700143a52d6e1f69e2115ad



立ち上がりには”グリーズマンを負傷で欠くアトレティコが、それでも何度もアスレティックのペナルティーエリアに到達し、シメオネ監督が両手を叩きながら「その調子だ」という意思を伝えていた。しかしながら13分、ホームチームがワンチャンスを物にして一気に流れを引き寄せている。

サムエウ・リーノがファウルを訴えながらスタートしたアスレティックのカウンター。左サイドのニコ・ウィリアムズがクロスを送ると、リーノの戻っていたなかったためにペナルティーエリア内右でフリーとなっていたイニャキ・ウィリアムズが右足のボレーでネットを揺らしている。

アスレティックはさらに42分、今度は兄イニャキのアシストから8歳下の弟ニコがゴール。ペナルティーエリア内右で、イニャキがマークにつくエルモーソをドリブルできりきり舞いさせてからグラウンダーのクロスを送り、これをニコが左足ダイレクトで枠に押し込んだ。

2014年に全スタンドが完成して以降、初めて5万2000人以上を動員したサン・マメスは、アスレティックがゴールを決める度に歓喜を爆発させる(なおこの試合では前半途中とハーフタイムに観客が事故で倒れるアクシデントが発生して試合が中断している)。そして61分、アスレティックが勝負をほぼ決める3点目を獲得。サンセトのシュートをGKオブラクが弾き、そのこぼれ球を拾ったグルセタが枠内に流し込んでいる。

0-3とされたアトレティコは、途中出場のメンフィス、リケルメらが少なくとも1点を返そうとシュートを放っていくが、GKアギレサバラの好セーブに阻まれる。結局アスレティックが、無失点を維持したまま2戦合計4-0という強烈、もっと言えば衝撃的なスコアでもって、シメオネ監督率いるアトレティコを破っている。

ここ5大会連続で準決勝進出を果たしていたアスレティックは、2020年、2021年、そして2024年と、その内3回で決勝進出を果たした。決勝の対戦相手は、準決勝でレアル・ソシエダを下したマジョルカ。4月6日にアンダルシアのカルトゥハ・スタジアムで開催される一戦で、1984年以来となる40年ぶりの優勝を目指す。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 16:29
    • ID:fjl285PL0
    • 決勝はバスクバービーだったはずがモヤモヤするわ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 16:47
    • ID:xXle8QdT0
    • バスクダービーで活躍して移籍、これで完璧だったのに…もうどうにかしてパリぶっ倒すしかねえな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 18:41
    • ID:AC9NeGFf0
    • もう移籍云々より大怪我しないことを考えたらいいんじゃないの?
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年03月01日 19:53
    • ID:K03dSs0B0
    • なんて熱い決勝なんだ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ