Sponsored Link

今季リーグ戦わずか4ゴール 元指揮官ヴェンゲル氏はジェズスの怪我の多さを指摘

1
アーセナルの元指揮官アーセン・ヴェンゲル氏は、『Viaplay Sports』にてフレドリック・ユングベリと対談し、自身が率いたアーセナルのチームと現在のチームを比較し、FWガブリエウ・ジェズスについて言及した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/927a741f3340fe431ae379fa0b522f57bf8c9b72

アーセナルを救う存在になれるか



「(マルティン)ウーデゴーと(デニス)ベルカンプには、(現在のアーセナルと彼のチームには)多くの類似点がある。ガブリエウ・ジェズスは負傷が多いと思うから、現時点ではティエリ・アンリがいない。 彼には今見えている以上のゴールがある。一流のトッププレイヤーが許さないのは、出たり入ったりすることだ。歴史を作る選手は、一貫してそこに居続ける選手だ。(クリスティアーノ)ロナウドと(リオネル)メッシは15年間、年間50~60試合プレイする」

ヴェンゲルはジェズスがアンリのような存在になれることを示唆したが、怪我が多いことを改善点だと触れている。昨シーズンよりアーセナルでプレイするジェズスは、昨シーズンは12月末から3月頭までの離脱を強いられ、今シーズンも数回、負傷のためチームを離脱している。ジェズスは現在リーグ戦20試合で4ゴールに留まっており、これは怪我による離脱が多いことも関係しているとヴェンゲルは考えているようだ。

ジェズス離脱の間にアーセナルのCFには主にカイ・ハフェルツが起用されており、ハフェルツはその起用に結果で答えている。現段階ではCFの優先順位はジェズスよりハフェルツだという見方が多く、ジェズスはマンチェスター・シティ戦では左ウイングで起用された。

ジェズスは左ウイングの起用でもチームへの貢献を誓っているが、ガブリエウ・マルティネッリ復帰後は再びポジションを失ってしまう可能性もある。さらにアーセナルは今夏にストライカーを獲得する可能性が高く、このままではジェズスの序列が下がる可能性も考えられる。
3
リーグタイトル、CLタイトルに向けて重要になるシーズン終盤の数ヶ月でジェズスは自身の存在価値をアピールし、チームの勝利に貢献することができるだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年04月04日 00:45
    • ID:jHeSrRXk0
    • 正直70億の価値はなかった
      不在時の方が多いのにチームの順位は良いしトロサールの方が点も取る
      夏に放出してCF2枚とろう
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年04月04日 01:37
    • ID:FnwXTyLJ0
    • 富安も能力高いのに…って感じやから
      ジェズスと一緒やね
      やっぱ無事是名馬よ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2024年04月04日 04:04
    • ID:vpeH.SFX0
    • 冨安は安かったからな
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ