Sponsored Link

イタリア、オランダ…FIFAランク50位以内でW杯出場を逃したのは

1
現地時間15日、W杯予選大陸間プレーオフの第2戦が行われ、ホームのペルーが2-0の勝利。これにより合計スコア2-0で勝利したペルーがW杯への切符を手にし、出場国全32チームが出そろった。

世界一の代表チームを決める大会として80年以上も続いているこのワールドカップ。世界各地から強豪チームが集うことになるが、今大会は例年以上に予選の段階で多くの波乱が起きた印象だ。FIFAランキング50位以内にランクしている国の中でも、W杯に参加することすらできない国はたくさんある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00241370-footballc-socc

ロシアW杯出場32か国のポット分けは?クロアチアが第2ポットへ滑り込み

1
ロシアW杯の大陸間プレーオフ第2戦が15日に行われ、ペルー代表(南米5位)はホームでニュージーランド代表(オセアニア勝者)に2-0で勝利。9大会ぶり5度目のW杯出場を決め、ロシアW杯出場32か国が出揃った。これにより本大会のポットも確定した。

ポット分けは10月発表のFIFAランキングをもとに原則として上位から8チームずつ4グループに分けられる。

各POの結果を受け、イタリア代表が敗退したことでクロアチア代表が第2ポットへ滑り込み、デンマーク、アイスランド、コスタリカが第3ポットへ。セルビアとナイジェリアは第4ポットに決まった。なお、日本はすでに第4ポットに入ることが確定していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-01646364-gekisaka-socc

コートジボワール、W杯4大会連続出場ならず。無失点モロッコ、直接対決制してロシアへ

1
【コートジボワール 0-2 モロッコ W杯アフリカ予選最終節】

現地時間11日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選最終節のコートジボワール対モロッコは、2-0でアウェイのモロッコが勝利した。この結果、モロッコが5大会ぶり5度目のW杯出場を決めている。

各グループの首位チームがW杯へ進めるアフリカ予選。グループCは、首位モロッコと勝ち点1差で2位のコートジボワールが最終節で直接対決という状況となった。

【得点者】
25分 1-0 ディラール(モロッコ)
30分 2-0 ベナティア(モロッコ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171112-00240431-footballc-socc

今月でW杯出場32か国が決まる!残り9枠をかけた各予選のスケジュールをチェック

1
11月の国際AマッチウィークでロシアW杯に出場する32か国が決定する。

欧州プレーオフはホーム&アウェー方式で開催され、勝った4か国が本大会出場権を獲得する。注目はなんといってもスウェーデン対イタリアだろう。4回のW杯優勝を誇り、15大会連続19回目の出場を目指すイタリア相手にスウェーデンがどこまで食らいつけるか――。第1戦は10日(日本時間11日)にスウェーデンのホームで開催される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-01646095-gekisaka-socc

日韓W杯スペインのゴール取り消し、神の手も スペイン紙がパナマのゴールを“W杯の悲劇“に選ぶ

1
2018ロシアワールドカップ・北中米カリブ海予選ではアメリカ代表が7大会ぶりに出場を逃す波乱が起きた。アメリカが10日に行われた最終節・トリニダード・トバゴ代表戦に敗れたのが最大の問題なのだが、同日に行われたコスタリカ代表とパナマ代表の試合で起こった疑惑のゴールが大きな話題を呼んだ。

この試合では53分、パナマがコーナーキックから得点を挙げたが、リプレイで見るとボールはゴールラインを割っていなかった。コスタリカのDFがボールをかき出していたのだが、主審はゴールと判定。最終的にはパナマがコスタリカに勝利して勝ち点でアメリカを上回り、パナマが3位で本大会出場権を獲得する運びとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00010027-theworld-socc

スペインがポッド2に…W杯組み合わせが恐ろしい結果になる可能性

1
ロシアW杯予選が各地で行われ出場国が続々と決まってきている中、今サッカーファンが気になっているのは本戦の組み合わせがどのようなものになるかということだろう。

スペイン紙『マルカ』では、今年12月1日に行われる予定のW杯組み合わせ抽選に先立って、現在出場を決定させている国がどのポッドに入ることになるかが予想されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00235635-footballc-socc

10月の激闘を終え「23カ国」のW杯出場決定! オランダ、チリ、アメリカ敗退など波乱続出

1
ロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけた各大陸予選が佳境を迎え、歓喜する者と涙を流した者の明暗がくっきりと分かれている。この10月に行われた予選を終えて、本大会出場が決まった全23カ国を整理しておこう。

日本が戦ったアジア予選は出場枠が「4.5」。A組はアジア最速で出場を決めていたイランと韓国、B組では6大会連続6回目の出場権を勝ち取った日本とサウジアラビアが勝ち上がった。3位同士のプレーオフは延長線にもつれ込む接戦の末に、オーストラリアが初出場を目指すシリアに競り勝ち、北中米カリブ海4位チームとの大陸間プレーオフに駒を進めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00010018-soccermzw-socc

FIFAワールドカップロシア、チケット販売方法が発表…14日から購入可能に

1
FIFA(国際サッカー連盟)は12日、2018 FIFAワールドカップ(W杯) ロシアのチケット販売を9月14日に開始することを発表した。

FIFAは、モスクワの現地時間14日12時(日本時間14日18時)にチケットの販売を開始すると発表。世界中のファンは、『FIFA.com/tickets』のサイトからその場で予約できることになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00641774-soccerk-socc

W杯予選、オセアニア代表が決定。南米5位とのプレーオフへ進んだのは…

1
ロシア・ワールドカップ(W杯)オセアニア最終予選決勝の2ndレグが5日に行われ、ソロモン諸島代表とニュージーランド代表が対戦。

この試合は2-2のドローに終わったが、1stレグに6-1の大勝を収めていたニュージーランドが大陸間プレーオフへの進出を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00229952-footballc-socc

日本に続くロシア行き5番目の国はメキシコ! 意外に少ない(?)7大会以上の連続出場国

1
9月1日(現地時間)、ロシア・ワールドカップの北中米カリブ地区予選で、メキシコがパナマを1-0で下した。

ホーム、エスタディオ・アステカでの一戦を53分のロサーノのゴールで制したメキシコは、勝点を17に伸ばして首位をキープ。残り3試合で3位以内が確定したため、7大会連続16回目のW杯出場が決まった。

常に優れた選手を多く輩出し、どの大会でも攻撃的で魅力に溢れたサッカーを披露したメキシコが、来夏もW杯の大舞台で見られることとなった。開催国ロシア、ブラジル、イラン、そして日本に次ぐ、5番目の出場国である。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170902-00029544-sdigestw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ