Sponsored Link

ケルン、数的有利生かせず…枠内シュート0で武藤先発のマインツに敗戦

1
ブンデスリーガ第12節が18日に行われ、マインツとケルンが対戦した。

いまだ開幕から未勝利のケルンを、マインツがホームで迎えた一戦。マインツは武藤嘉紀が先発出場したが、ケルンの大迫勇也は代表戦の疲れが考慮されたのか、ベンチスタートとなった。

【スコア】
マインツ 1-0 ケルン
【得点者】
1-0 44分 ブロジンスキ(マインツ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000034-goal-socc

武藤はスタメン、大迫、長谷部、鎌田はベンチスタート…ブンデスリーガ第12節、先発メンバー発表

1
FW大迫勇也(27)のケルンは18日に敵地でFW武藤嘉紀(25)のマインツと対戦、W杯に向けた日本代表とはまた別の戦いが再開する。大迫は日本代表ではすっかりセンターフォワードとして定着。10日のブラジル戦、14日(日本時間15日)のベルギー戦では得点こそならなかったが、ポストプレーなどでチャンスをつくった。2連敗に「本当に(ゴール前など)最後のちょっとしたところで差が出たかなと思います」。世界トップ級の強豪相手に学んだことも多いはずで、それをクラブでのプレーでも生かしたい。

大迫はケルンで今季リーグ戦11戦中10戦で先発も、ゴールは10月1日のライプチヒ戦の1点だけ、それも試合には敗れている。昨季5位のチームもここまで2分け9敗と1勝もできず、最下位に沈む。そんな中、10月25日のドイツ杯ヘルタ戦は3-1で勝利。今月2日の欧州リーグのボリソフ(ベラルーシ)戦では大迫の2得点1アシストもあって、5-2と勝って上昇ムードになりつつある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054964-nksports-socc

大迫勇也が考えるベルギーの狙い目は…3バックは日本代表にとってチャンスか

1
日本代表FW大迫勇也が、翌日に控えたベルギー戦を前に狙い目やチームとしての戦い方などに言及した。

日本は14日、ベルギーと国際親善試合で対戦する。大迫は「僕らは強いチームじゃないので、相手のよさを消しながら、攻めることができれば」と狙いを口にする。そして常々口にする「ゴール前での迫力」は、強豪相手にも発揮することを誓う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000034-goal-socc

大迫の強烈ミドルはポスト直撃…ケルン、3失点完敗で開幕11戦勝ちなし

1
ブンデスリーガ第11節が5日に行われ、日本代表FW大迫勇也のケルンとホッフェンハイムが対戦。大迫は先発メンバーに名を連ねた。

開幕10試合勝ちなしで2部降格圏内の17位に沈んでいるケルン。今月2日のヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節では5-2と勝利を収めており、復調のきっかけにしたいところだ。

【スコア】
ケルン 0-3 ホッフェンハイム
【得点者】
0-1 10分 デニス・ガイガー(ホッフェンハイム)
0-2 56分 サンドロ・ヴァグナー(PK)(ホッフェンハイム)
0-3 80分 サンドロ・ヴァグナー(ホッフェンハイム)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00665013-soccerk-socc

「完璧なパフォーマンス!」「ケルンの救世主だ」2G1Aの大迫勇也を独各紙が大絶賛

1
日本代表のエースが3得点に絡む猛チャージだ。

木曜日のヨーロッパリーグ4節、1FCケルンvsBATEボリソフの一戦はキックオフ直後からオープンな展開に。ホームのケルンは先制するもすぐさま逆転を許し、1-2で前半を折り返した。そんな悪しき流れを一変させたのが、後半頭から投入された大迫勇也だ。

【スコア】
ケルン 5-2 ボリソフ
【得点者】
1-0 16分 シモン・ツォラー(ケルン)
1-1 31分 ネマニャ・ミルノヴィッチ(ボリソフ)
1-2 33分 ミカライ・シグネヴィッチ(ボリソフ)
2-2 54分 大迫勇也(ケルン)
3-2 63分 セール・ギラシ(ケルン)
4-2 82分 大迫勇也(ケルン)
5-2 90分 ミロシュ・ヨイッチ(ケルン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171103-00031995-sdigestw-socc

ケルン、開幕10戦未勝利で降格率80%超と独紙

1
日本代表FW大迫勇也(27)が所属するケルンは、レーバークーゼンの1-2で敗れ、開幕から10試合でいまだ未勝利となった。10節終了時点での勝ち点2以下なのはブンデスリーガ史上6クラブ目。過去5クラブ中4クラブは2部に降格しており、降格の可能性が80パーセントになったと、29日付の独紙ビルトが報じた。

唯一の残留例は昨シーズンに同DF酒井高徳(26)が主将としてプレーしたハンブルガーSVのみ。苦しい状況にMFビッテンコートは「数字は破るためにある」と気丈にコメント。シュテーガー監督は「ハンブルガーSVが成し遂げたなら、我々だってできると言えるだろう。だが、ハンブルガーSVはそうした状況での経験がある。我々にとっては初めての状況だ」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00039902-nksports-socc

大迫交代後に痛恨の逆転負け…公式戦連勝目指したケルン、またも初勝利ならず

1
[10.28 ブンデスリーガ第10節 レバークーゼン2-1ケルン]

ブンデスリーガは28日、第10節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンは敵地でレバークーゼンと対戦し、1-2で敗れた。大迫は9試合連続の先発出場。シュート0本で後半19分に交代となり、交代後にチームは逆転負けを喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-01645620-gekisaka-socc

ケルンが公式戦13試合ぶり白星!ヘルタ撃破で独杯3回戦へ…大迫が途中出場

1
DFBポカール2回戦の2日目が25日に行われ、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、同代表FW大迫勇也が所属するケルンが対戦した。原口と大迫はともにベンチスタートとなった。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-3 ケルン
【得点者】
0-1 35分 シモン・ツォラー(ケルン)
0-2 43分 ドミニク・マロフ(ケルン)
0-3 65分 クリスティアン・クレメンス(ケルン)
1-3 69分 ニクラス・シュターク(ヘルタ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-00660879-soccerk-socc

大迫先発の最下位ケルン、17位ブレーメンとの“未勝利対決”は痛み分け

1
[10.22 ブンデスリーガ第9節 ケルン0-0ブレーメン]

ブンデスリーガは22日、第9節3日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンはホームでブレーメンと対戦し、0-0で引き分けた。大迫は8試合連続の先発出場。2トップの一角で後半34分までプレーした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-01645420-gekisaka-socc

大迫はスタメン…ケルン対ブレーメン、先発メンバー発表

1
前節、シュツットガルト戦を落としたケルンはここまで1分7敗で勝点1で最下位と苦しんでいる。

同じく4分4敗と勝利のないブレーメンとの直接対決。

https://twitter.com/fckoeln_jp/status/921700190368817153
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ