Sponsored Link

ブレーメン、ホッフェンハイムに4失点完敗で12位に…大迫勇也は途中出場

1
ブンデスリーガ第22節が21日に行われ、ホッフェンハイムとFW大迫勇也が所属するブレーメンが対戦した。大迫は6試合連続のベンチスタートとなり、56分から途中出場を果たした。

リーグ戦2試合連続のドローで11位につけるブレーメンと、3試合未勝利の12位ホッフェンハイムの一戦。ブレーメンの消化試合が1試合少ない状況だが、両チームは勝ち点23ポイントで並んでおり、降格プレーオフ圏の16位ビーレフェルトとは勝ち点差5ポイントとなっている。3戦ぶりの勝利を目指すブレーメンがホッフェンハイムのホームに乗り込んだ。

【スコア】
ホッフェンハイム 4-0 ブレーメン
【得点者】
1-0 26分 イーラス・ベブ(ホッフェンハイム)
2-0 44分 クリストフ・バウムガルトナー(ホッフェンハイム)
3-0 49分 ムナス・ダブール(ホッフェンハイム)
4-0 90分 ジョルジニオ・ルッター(ホッフェンハイム)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bfcad2638043bf7d83b3b7d5689aa1d4d8f6be3e
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーメン、2部フュルトに完封勝利でドイツ杯ベスト8進出…大迫勇也は途中出場

1
DFBポカール3回戦が2日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでグロイター・フュルト(2部)と対戦した。大迫はベンチスタートで70分から途中出場した。

【スコア】
ブレーメン 2-0 グロイター・フュルト
【得点者】
1-0 12分 ケヴィン・メーヴァルト(ブレーメン)
2-0 73分 フェリックス・アグ(ブレーメン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/10ffac67d03040facdd377ccb038f21f1e2a36d7
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーメン指揮官もパフォーマンス称賛した大迫勇也、退団の可能性は消滅か…

1
ブレーメン率いるフロリアン・コーフェルト監督はシャルケ戦で大迫勇也が見せたパフォーマンスを称賛した上で、復調したと強調。ドイツ紙『ビルト』がコメントを紹介した。

30日に行われたブンデスリーガ第19節でブレーメンはホームで最下位シャルケと対戦。前半に先制点を奪われたブレーメンだが、後半に入ってから優勢に立つと、61分から途中出場の大迫が起点となり、77分に同点に追いつく。結局スコアはその後動かなかったものの、大迫は惜しいヘディングシュート(74分)を放ったほか、何度か味方のシュートチャンスも演出していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0281d299a312ccf5c80141bd6303d58a5e14a208
このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也が同点弾の起点に!…ブレーメン、フンテラール復帰のシャルケに追いつきドロー

1
ブンデスリーガ第19節が30日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンは、ホームでシャルケと対戦した。
大迫は4試合連続のベンチスタートとなり、61分から出場。一方、最下位に沈むシャルケは、1月に約3年半ぶりとなる復帰を果たしたクラース・ヤン・フンテラールが80分からの出場で再デビューを果たした。

【スコア】
ブレーメン 1-1 シャルケ
【得点者】
0-1 38分 オマール・マスカレル(シャルケ)
1-1 77分 ケヴィン・メーヴァルト(ブレーメン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/76c9e37bc6be7e94e67090ce28cbf223edc6c34d
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーメンがヘルタ・ベルリンに4発で勝利…大迫勇也は85分から出場

1
ブンデスリーガ第18節が23日に行われ、ヘルタ・ベルリンとブレーメンが対戦した。ブレーメンに所属するFW大迫勇也は3試合連続のベンチスタートとなり、85分から途中出場を果たした。

前節のボルシアMG戦に敗れた暫定13位のブレーメンは2戦ぶりの勝利を狙う。対するヘルタ・ベルリンは3戦未勝利で14位となっている。試合はヘルタ・ベルリンのホームで行われた。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-4 ブレーメン
【得点者】
0-1 10分 ダヴィー・ゼルケ(PK/ブレーメン)
0-2 29分 エメル・トプラク(ブレーメン)
1-2 45+2分 ジョン・コルドバ(ヘルタ・ベルリン)
1-3 57分 レオナルド・ビッテンコート(ブレーメン)
1-4 77分 ジョシュ・サージェント(ブレーメン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2330135f17f8c95b797fc9d7505ec8551c3ccb6a
このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫は終盤出場で好機演出も…ブレーメン、ボルシアMGに敗れて3戦ぶり黒星

1
ブンデスリーガ第17節が19日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはボルシアMGと対戦した。大迫は2試合連続のベンチスタートで82分から途中出場。1月2日の第14節ウニオン・ベルリン戦以来、3試合ぶりにピッチに立った。

【スコア】
ボルシアMG 1-0 ブレーメン
【得点者】
1-0 66分 ニコ・エルヴェディ(ボルシアMG)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6897a76d0f2c618d84fb77f15498a2706f80ab93
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーメン、終盤2発で3試合ぶり白星…大迫はベンチ復帰も出番なし

1
ブンデスリーガ第16節が16日に行われ、FW大迫勇也が所属する13位ブレーメンと11位アウクスブルクが対戦した。前節メンバー外となった大迫は、ベンチスタートとなったが、出番は訪れなかった。

【スコア】
ブレーメン 2-0 アウクスブルク
【得点者】
1-0 84分 テオドール・ゲブレ・セラシエ(ブレーメン)
2-0 87分 フェリックス・アグ(ブレーメン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba0068988ff4e358c4ca238780e848c154dd6a29
このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也に対するバッシングに元ブレーメンDFが苦言「問題を抱えているのは彼だけではない」

1
かつてブレーメンでプレーした元オーストリア代表DFのセバスティアン・プリョードルがブレーメン専門サイト『ダイヒシュトゥーベ』にコラム記事を寄稿。その中で、周囲からの批判が絶えない大迫勇也を「バッシングするのは誤った道」と表現した。

2018年夏にケルンから加入した大迫は、今シーズンのブレーメンでは苦しい立場に。昨年9月、DFBポカール1回戦カール・ツァイス・イェーナ戦に続き、ホームでの開幕節ヘルタ・ベルリン戦でも前半のみで交代を言い渡されると、ホームサポーターからフロリアン・コーフェルト監督の判断を歓迎するかのように沸き起こっていた。

以降、しばらくベンチスタートが続いたアタッカーだが、11月末以降は攻撃陣の複数選手が負傷も影響し、数試合には先発出場果たすも1アシストのみと大きなインパクト残せず。ネット上で批判が止まない中、さらに今月2日の第14節ウニオン・ベルリン戦でまたもハーフタイムに交代。そして、9日に行われたレヴァークーゼン戦のメンバーから外されていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d822980dc8d2f7f8c0dd3851e78b3a0ea5cbcbe6
このエントリーをはてなブックマークに追加

批判浴びる大迫をベンチ外に…指揮官が理由を説明「彼とたくさん話をした」

1
ブレーメンのFW大迫勇也が9日、ブンデスリーガ第15節レバークーゼン戦(△1-1)で11試合ぶりに招集メンバーから外れた。その理由をフロリアン・コーフェルト監督が説明している。

ドイツ『ダイヒ・シュトゥーベ』によると、大迫のベンチ外は2日の第14節ウニオン・ベルリン戦(●0-2)のパフォーマンスと大きく関係していたようだ。開幕から公式戦ノーゴールと不調が続く大迫は、この試合で先発出場しながらも前半のみで交代。同メディアは「日本人選手は多くの悪い選手の中でも最悪の存在だった」と指摘している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/519d7ed1ff66ed82fb2571db1b8a6419798657e9
このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也はベンチ外。ブレーメン、先制するも追いつかれレバークーゼンと1-1ドロー

1
【レバークーゼン 1-1 ブレーメン ブンデスリーガ第15節】

ブンデスリーガ第15節、レバークーゼン対ブレーメンの試合が現地時間9日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

【得点者】
52分 0-1 トプラク(ブレーメン)
70分 1-1 オウンゴール(レバークーゼン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/734db1bf24e6940fd383e2ca04db777650b8a4db
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ