Sponsored Link

伊藤達哉、デビュー戦わずか9分で初ゴール…恩師率いる独3部マクデブルクで5発大勝に貢献

1
ドイツ3部マクデブルクに加わったMF伊藤達哉が、新天地デビューをゴールで飾り、5-0の大勝に貢献した。

ベルギー1部シント=トロイデンでは出場機会に恵まれず、今月21日にハンブルガーSV(HSV)時代の恩師・クリスティアン・ティッツ監督率いるマクデブルクへのレンタル移籍が決まった伊藤。加入直後の23日の前節こそ起用されなかったものの、26日に行われた第23節デュイスブルク戦は最前列の左側で先発出場果たし、9分には味方の切り返しから先制ゴールを奪った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ee89b4f7ccff04332508f580c0bfc4df1e71347
このエントリーをはてなブックマークに追加

旗手怜央「僕のベストゴール!」セルティック初ゴール、独占インタビュー

1
◆スコティッシュ・プレミアシップ第22節 ハート・オブ・ミドロシアン1-2セルティック(26日、英国・エディンバラ、タインカッスル・スタジアム)

スコティッシュ・プレミアシップの第22節が5試合行われ、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介の日本人選手4人を擁するセルティックはアウェーでリーグ3位のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)と対戦。しかしこの試合では古橋と井手口を故障で欠き、前田は代表に合流、旗手一人が先発メンバーに名を連ねた。

日本人1人となったこの試合、旗手は前半27分、右足で強烈な20メートルのミドルシュートを放ち、見事なセルティック初ゴールを奪って先制。さらには同35分、ピッチ中央から右サイドにスルーパスを通し、このパスを受けたオライリーのクロスがアシストとなって2点目の起点ともなった。

しかし後半17分にホームのハーツがボイスのゴールで1点を返し、続く同28分にPKを得たが、このPKはポストに当たる痛恨のミス。この後、セルティックはハーツの激しい押し上げに耐え2-1で逃げ切り、先制点を奪い、2点目の起点となった旗手がアウェー勝利の立役者となった。

強烈な20メートルの初ゴールを決めた旗手に、地元記者から「これまでに今日のゴール以上に素晴らしいゴールを決めたことがあるか?」と聞かれると、満面の笑みで「ベスト・ゴール」と応じた。その後、スポーツ報知との一問一答は以下の通り。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ad860c903c555bf0d8249c78ee195d0ca25bb77
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハタテは間違いなく本物」衝撃の初ゴールを奪った旗手怜央に現地メディアは大絶賛!「信じられないような技術で…」

1
衝撃の初ゴールに絶賛の嵐だ。

現地時間1月26日に開催されたスコットランド・リーグ第23節で、日本人選手4人が所属する勝点48で2位のセルティックは、同39で3位のハーツと敵地で対戦した。

古橋亨梧と井手口陽介は故障で、前田大然は日本代表招集でベンチ外となるなか、前節のデビュー戦では、いきなりマン・オブ・ザ・マッチに輝いた旗手怜央は中盤で先発出場を果たした。すると、スコアレスで迎えた27分だった。

敵陣中央からゴール前まで持ち上がり、右足を豪快に一閃。まるで矢のような強烈なミドルシュートをゴールの左に突き刺したのだ。今冬に加入した24歳のMFは、デビューから2戦目で待望の初ゴールとなった。

その後、35分にギオルゴス・ギアクマキスが追加点を奪ったセルティックは、後半に反撃に遭い1点を返されるも、2-1で逃げ切りに成功。首位の宿敵レンジャーズを勝点4差でぴたりと追走している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b93f4c7a2a8bb4303d522e99632ca61385831bde
このエントリーをはてなブックマークに追加

相手のズボンを脱がす…実況も笑った林大地の珍プレーに現地メディア反応「下着を履いていて良かった」

1
シント=トロイデンのFW林大地が思わぬところで目立った。

シント=トロイデンは25日、敵地でジュピラー・プロ・リーグ第24節のアントワープ戦に臨むと、林はDF橋岡大樹、FW原大智とともに先発で出場した。

前線で体を張って収めようとする林だが、19分には珍事が。ハーフウェイライン付近まで下りた林が、相手DFビョルン・エンゲルスを背負いながらボールをキープする。林は両手で相手を抑えようとするが、その手がエンゲルスのズボンにあったことから、そのままズボンが下まで脱げてしまう格好に。このプレーでシント=トロイデンはFKを獲得し、林は文字通り体を張ってチームプレーに徹した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc529eb46c4db5cc105846868ec5c1a53f04fab2
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハタテは本物の選手になる」 セルティック“旗手株”上昇、主力不在の救世主へOB指名

1
スコットランド1部セルティックはカタール・ワールドカップアジア最終予選に招集された影響でオーストラリア代表MFトム・ロギッチ、日本代表FW前田大然がチームから離脱した。2月3日に行われる宿敵レンジャーズとの「オールド・ファーム」など今後数試合で2人を欠くことになるが、先日のデビュー戦で強烈なインパクトを残したDF旗手怜央への期待感が高まっているようだ。

旗手は今冬の移籍市場でJ1王者の川崎フロンターレから新加入。1月17日のリーグ戦第21節ハイバーニアン戦(2-0)でデビューを飾り、4-3-3システムの中盤の一角としてプレー。豊富な運動量と正確なパスでチームに攻撃のリズムをもたらし、試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee900370dc476faf2ada8f86c94fea0be5cf67e3
このエントリーをはてなブックマークに追加

「酷いタックル」先発デビュー戦で負傷交代の井手口陽介についてポステコグルー監督が言及「少しの間欠場する」

1
セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、MF井手口陽介の負傷について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。

井手口は、ガンバ大阪から今冬の移籍市場でセルティックへと完全移籍。17日のスコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦で途中出場しデビューを果たした。

その井手口は、22日に行われたスコティッシュ・カップ4回戦のアロア・アスレティック戦に先発出場。しかし、60分にMFモハメド・ニアンのボールを蹴り出した足に足元をすくわれる形となり、しばらくピッチ上で治療。そのまま交代していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/17e235deeb98781c7c3d5dcb6cfbb23d50470325
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほとんど起用されないのに」独メディアがシャルケ板倉滉の“長距離移動問題”に警鐘!「もう勘弁してくれ」

1
日本代表戦士の処遇に、ドイツのメディアが怒りと嘆きを露わにしている。

現地時間1月25日、ドイツ・メディア『DERWESTEN』のマルコ・ヒンタミュラー記者が、「もう勘弁してほしい。S04のスターは、また大きな失望に直面しているのか?」と見出しを打ち、ブンデスリーガ2部のシャルケでプレーする板倉滉の扱いを嘆いている。

https://news.livedoor.com/article/detail/21569722/
このエントリーをはてなブックマークに追加

STVV原大智が2試合連続の今季5ゴール目となる貴重な同点弾! ここ5戦で4発の大暴れ

1
現地1月25日に開催されたベルギー・リーグ第25節で、日本人選手6人が所属するシント=トロイデン(STVV)が、三好康児がプレーするアントワープと敵地で対戦した。

この試合で、STVVに貴重な同点ゴールをもたらしたのが、橋岡大樹、林大地とともに先発に名を連ねた原大智だ。0-1で迎えた54分、CKからニアでトニ・ライストナーが触ってコースを変えたボールを、ファーサイドで滑り込みながら押し込んだ。

21年夏にアラベスからレンタルで加入した22歳は、これが2試合連続の今シーズン5点目。ここ5戦で4ゴールと爆発している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4bd46f8cda85dd10c3f654909fd2a55d23491ef
このエントリーをはてなブックマークに追加

「本当に恥だ」強烈タックルで負傷した井手口陽介に苦言の宿敵OBに地元メディアが反論!「やられた選手が責められるなんて…」

1
前田大然はセルティックでの先発デビュー戦で開始4分に初ゴールを決め、旗手怜央はマン・オブ・ザ・マッチに選出された。一方、井手口陽介の新天地での初スタメンは、悔しい結果となっている。負傷で後半途中に交代を余儀なくされたからだ。

同胞たちが脚光を浴びた1月17日のハイバーニアン戦で途中出場し、セルティックでのデビューを飾った井手口は、続く22日に3部アウラ・アスレティックと対戦したスコティッシュカップ4回戦で先発デビュー。だが、モハメド・ニアンのタックルを受けた際に左の足首を踏まれて交代した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/11292615e2c14af07a20f6197e9a1d6f125aa09b
このエントリーをはてなブックマークに追加

「なんとお礼をしたらよいか」欧州初挑戦デビュー8分で骨折した前田直輝にユトレヒトが粋な計らい、名古屋も感謝

1
ユトレヒトが粋な計らいを見せたことが話題となっている。

今冬の移籍市場で、名古屋グランパスからレンタル移籍でFW前田直輝が加入したことでも知られるユトレヒト。そのユトレヒトの選手たちが、前田へ心温まるサプライズを用意した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e99c42d3bc8b9922f803191f2f575d14a5316d80
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ