Sponsored Link

ビジャ、イニエスタ、ポドルスキらを擁する神戸が始動!新加入の山口蛍が驚いたのは…

1
ヴィッセル神戸が1月17日、2019年シーズン初となるトレーニングを実施した。

大勢のメディアが集まるなか、アンドレス・イニエスタやルーカス・ポドルスキの他、新加入のダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティから完全移籍)、山口蛍(セレッソ大阪から完全移籍)、西大伍(鹿島アントラーズから完全移籍)らが、ついに合流した。

初日から紅白戦が組まれたのは、小さくない驚きだった。激しくボールを奪い合うシーンも見られ、選手たちは強度の高いトレーニングに汗を流していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00052917-sdigestw-socc

C大阪MF清武弘嗣、神戸電撃移籍の“盟友”山口蛍と自主トレ2ショット公開

1
セレッソ大阪の元日本代表MF清武弘嗣が自身の公式ツイッターを更新。同じ関西に拠点を置くヴィッセル神戸へ移籍した、盟友の日本代表MF山口蛍と合同自主トレを行ったことを明かし、2ショットを公開している。

C大阪は今オフ、日本代表FW杉本健勇が浦和レッズ、下部組織出身の山口が神戸へ、移籍することが決まった。主力がチームを去り、ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督を迎える2019年は勝負のシーズンとなる。昨季は故障に苦しんだ清武に懸かる期待は自然と大きくなるが、大分の母校で初蹴りを行うなどすでに体を動かしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159920-soccermzw-socc

「簡単な決断ではなかった」…C大阪MF山口蛍が神戸に完全移籍

1
ヴィッセル神戸は19日、セレッソ大阪MF山口蛍の完全移籍加入を発表した。

09年に下部組織からC大阪のトップチームに昇格した山口は、15-16シーズンにドイツのハノーファーに完全移籍。半年後の16年6月にC大阪に復帰を果たすと、17年シーズンには背番号10を背負ってルヴァン杯と天皇杯の2冠に貢献し、背番号を6に変更した今季はJ1リーグで33試合に出場していた。また、13年7月に日本代表デビューを果たし、14年ブラジル大会、18年ロシア大会と2大会連続でW杯に出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-10637371-gekisaka-socc

「感動だわ」…山口、“決意のレガース”写真に盟友・清武が反応

1
日本代表は19日、ついにロシア・ワールドカップ(W杯)の初陣を迎える。運命の初戦で4年前のブラジル大会で苦杯を舐めたコロンビアと激突するが、MF山口蛍(セレッソ大阪)は公式ツイッターに一枚の写真を投稿。大舞台に立つことができなかった盟友への思いを込めて、大一番に挑む。

西野ジャパンは6月3日にオーストリア合宿をスタートさせると、8日に国際親善試合スイス戦(0-2)、12日に国際親善試合パラグアイ戦(4-2)とW杯前に2試合を行った。13日からベースキャンプ地のカザンでトレーニングを積み、17日にコロンビア戦の会場となるサランスクへ移動した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00112956-soccermzw-socc

日本代表の鍵を握る“新旧C大阪トリオ” 10番・香川のイメージは「キヨくん」

1
日本代表は19日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に臨む。12日のパラグアイ戦(4-2)にキャプテンとして出場したMF山口蛍は、MF香川真司、MF乾貴士の存在に言及。「二人がいるのはやりやすい」と好感触を口にしており、“新旧セレッソ大阪トリオ”が日本の鍵を握る可能性も出ている。

西野朗体制の初陣となった5月30日のガーナ戦(0-2)、6月8日のスイス戦(0-2)で連敗。そうして迎えた12日のパラグアイ戦でキャプテンに指名された山口はボランチの一角で出場し、MF柴崎岳とコンビを組んで攻守の舵取りを担った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00112507-soccermzw-socc

山口蛍のキャプテンに驚いた?西野監督「乾、岡崎、本田がウッという顔を…」

1
[6.12 国際親善試合 日本4-2パラグアイ インスブルック]

チームメイトも驚きのキャプテンだった。8日のスイス戦(0-2)から先発10人を入れ替えた日本代表はキャプテンのMF長谷部誠がベンチスタート。長谷部不在時にキャプテンマークを巻くことのあるDF吉田麻也、DF長友佑都もそろってベンチとあって、国際Aマッチ42試合目の出場となるMF山口蛍(C大阪)がキャプテンマークを巻いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-01654980-gekisaka-socc

適応力の向上が課題に。山口蛍、新システムについて「少しずつ理解している」

1
2大会連続でW杯出場を目指す山口蛍が、西野朗新監督の下で進める新システムについて言及した。

日本代表は現在、オーストリアで事前合宿を行っている。国内合宿では3バックを基本としたトレーニングを行ってきたものの、オーストリアでは4バックでの調整も実施している。5月30日に行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦で、西野朗監督は3-4-2-1の布陣でスタートしたが、慣れ親しんだ4バックに比べると山口自身は戸惑いがあったようだ。

しかしながら「やっていくなかで3にしたり、4にしたりで、上手くいかないところはたくさん出てくるし、一番大事なのはみんなしっかり走ってやらないとダメなのかなと思います」と適応力の向上を課題に挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000009-goal-socc

「なぜ来たのかな」山口蛍がイニエスタ加入に複雑な心境

1
2018年5月24日、セレッソ大阪の山口蛍が日本代表練習に参加した日は奇しくもアンドレス・イニエスタの神戸加入が発表された日でもあった。

代表練習後、山口はそのスペイン代表MFのJリーグ参戦について次のように語っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180524-00040849-sdigestw-socc

ロシアへ新たな一歩を踏み出した山口蛍…ハリルに指摘された攻撃面でも変化の予感

1
「監督が代わって、自分もまたゼロからのスタートになるし、いろんな選手のアピール合戦になってくると思います。ただ、自分的にはセレッソのキャプテンをやっているから、やっぱりチームが一番。『代表に入るためにアピールする』っていう感覚はないですけど、まずはしっかりチームでやっていけばいいかなと考えています」

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任と西野朗新監督就任という衝撃的な出来事が起き、混乱が続いた4月第2週。その週中の11日に敵地・等々力競技場で川崎フロンターレと戦った山口蛍(セレッソ大阪)は率直な心境をこう吐露した。

この男の「セレッソ第一」というスタンスはどんな時も不変だが、日本代表への思いも少なからずある。2013年の東アジアカップ(韓国)で日本代表デビューを飾ってから現在に至るまで国際Aマッチ39試合に出場。なかでもハリルホジッチ監督体制での出場数は24試合と6割以上を占める。それだけ山口にとって、ハリルジャパンは大きな意味を持つチームだったはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00743594-soccerk-socc

山口蛍がバルサ戦に臨む“戦友”乾貴士を語る…「あのドリブルはラ・リーガでも上位」

1
現地時間2月17日に開催されるリーガ・エスパニョーラ24節、日本代表MF乾貴士を擁するエイバルはホームでバルセロナを迎え撃つ。昨シーズンの最終節で鮮烈の2ゴールを挙げたバルサを相手に、どんなパフォーマンスを披露するのか。興味は尽きない。

そんな乾に対して、かつてセレッソ大阪で苦楽を共にし、現在は日本代表で僚友の山口蛍からメッセージが届いた。ハリルジャパンの中盤の軸は、ラ・リーガを普段からチェックしていると語り、こう言葉を紡いだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00010004-sdigestw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ